【MHW:IB】ムフェト・ジーヴァの発覚バグ

ムフェトのオンラインマルチプレイには発覚を先取りしてしまうバグによって、2層および3層の移動吸収(HP+15%)が行われないことがsteam版、PS版ともにあります.

発覚バグ症例

youtu.be

これらのように、3層移動時にテントで誰か1人が発覚され(その証拠に発覚された人はミニマップが赤色になり、テント内で威嚇咆哮が聞こえるなどする)、3層へ入ると本来行われているはずの移動吸収がされておらず、威嚇や吸収および上レーザーをしていることがあります.

2層移動時でもこのバグは発生しますが、報告数は3層のものと比べて極めて少ないです.
3層のものをメインに解説し、2層についてはそのアナロジーで補足しておきます.


3層発覚バグ

発生条件

youtu.be

オンラインマルチで、2層枯渇後の調査班リーダーのセリフ出現からちょうど8秒経ったタイミングでテントに入る入力または6秒経ったタイミングでテントを出る入力をすることで(テント暗転のタイミングが重要)、発覚バグを発生させられます.
ソロでは今のところバグ発生させることは不可能であると認識しています.


テント発覚のメカニズム

約1年間、このバグについて研究し続けて発生条件を特定し、どうしてこのようなバグが起きるのかの仮説を立ててみました.
あくまで仮説であり、これ以上検証・証明するには高度なリバースエンジニアリング技術が必要になると思います.


テント暗転時の瞬間に、プレイヤー座標のワープが行われていて、その一瞬かテント内にいる間では座標未定義あるいは3層に近い特定の座標に設定されているために、3層ムフェトから発覚可能な状態にあると考えられます.

ムフェトの2→3層移動時のデフォルトのルーチンが仮に、行動1(移動)→行動2(体勢変更)→行動3(移動吸収)になっているとします.
実際にはもっと複雑なルーチンである可能性はありますが、このバグを説明する上では3行動の単純なモデルで十分です.​

まず、各行動の性質として​

・行動1中は強制的に未発覚状態になる​(→移動開始と同時にミニマップが白色になる)

・行動2は通常の行動と殆ど同じ性質をもち、この行動の長さは極短い​(→バグ発生のための入力猶予の短さ)

・行動3は未発覚状態でしか行われないようになっている​(→移動吸収をしない)

​であることが推測されます.

単純には、発覚バグは行動2中にテント暗転(座標ワープ)させて発覚可能状態にすることで生じると考えるのが自然です.​

発覚中ゆえに行動3はキャンセルされ、反応(威嚇行動や通常地脈吸収)に置き換わります.
これを裏付ける根拠のひとつとして、発覚バグを起こしたあとに乙ったり、隠れ身で待機したりなどして、もう一度完全未発覚状態を達成すると、ムフェトは唐突に行動3を開始します.

しかし、この単純な考えではソロでこのバグが発生しないことの説明がつきません.


ver.13.01.00のバグ修正

www.monsterhunter.com

この頃、自分はモンハンをやっていなかったので実際にはわかりませんが、ver.13.01.00で次のバグ修正がされています.

ムフェト・ジーヴァが最下層にいる際にテント内でSEやエフェクトが表示されるなど、複数の不具合を修正します。

これは上記の単純な考えのバグメカニズムの修正だったと仮定します.
おそらくカプコンはオフライン(ソロ)環境で上記単純バグへの修正をしたものの、同期というステップを踏むオンラインマルチプレイのことを考えて修正しきれなかったのではないかと思います.
例えば、行動2の間は発覚可能状態にあるという入力を各クライアントで遮断するという修正をしていたとして話を進めます(実際のルーチンの修正はもっと違うと思います).


モンハンにおける同期

wikiwiki.jp

オンラインマルチプレイにおいては、行動と行動の間に同期(ホストからの取得)が行われています.
発覚可能状態にあるというのはある種、攻撃のようなもので、発覚がその反応で怯みに対応していると考えるといいと思います.


ゲスト発覚

あるゲストで行動1中、行動2の直前に発覚可能状態の入力があったとします.
ゲスト側ではこの入力がムフェトにされても行動1の性質として未発覚状態にあるのでこの時点では発覚にはなりません.
しかし、ホストにはこのゲストが発覚可能状態にあるという情報が行動1中なので遮断されることなく送られます.
ゲストの行動1入力開始時刻からゲストのアップロード速度とホストのダウンロード速度を合わせたときにホスト側で行動2中に収まった場合、遮断されない発覚可能状態の入力が行動2に対して行われるので次の行動は行動3ではなく反応になります.これによってマルチ(ゲスト)でのみ発生し、ソロでは発生しないことの説明がつきます.

これと似たようなものにクラッチ延長延長があります.ゲストの送信ラグとホストの受信ラグが大きいとします.
モンスターがクラッチ怯みになったときにラグのないホストあるいはラグの小さい別ゲストが延長をするのをラグいゲストが観測する前に、そのラグいゲストが延長します.
そうすると何が起こるかというと、まずホスト視点でラグなしで延長が行われますが、次いでラグゲストによる2回目のクラッチ延長が行われます.特にラグが大きいと次の行動(ダウンであっても)をキャンセルしてでもクラッチ延長が発生します.ラグいゲスト側で延長するというものが遮断されずにホストに送られるのでホスト側で2回目の延長が起きるというわけで、ゲスト発覚の仕組みと根本は同じです.


2層発覚バグ

3層と同様に2層でも移動吸収なしの発覚バグの報告はありますが、サンプル数が少ないうえに自分は経験したことがないので条件の絞り込みにはまだ至っていませんが、発生が容易なテント発覚とは別のメカニズムで発覚していると考えられます.

異常ラグ

ホストのアップロードスピードかゲストのダウンロードスピードが極めて遅く、逆にそれに対してホストのダウンロードスピードかゲストのアップロードスピードは速い場合(異常ラグ)を考えます.
2層は移動吸収の前にムフェトは長めの反転行動をしています(3層でいうと行動2にあたるもの).
ゲストが2層へ最速で降り、続いてホストが遅めに2層へ降りた時、異常ラグがあるとゲストは反転行動への同期が遅く、発覚可能圏内まで踏み入ることが可能だと考えられます.
そしてその発覚可能状態の伝達は速いのでホスト側で移動吸収前に発覚状態になり、移動吸収にキャンセルがかかるという仕組みです.

どうやらPS版での報告数の方が多いみたいなのでPlayStation Networkが良い意味でも悪い意味でもこのバグと相性が良いのだと思います.


理論上、同じ仕組みで3層でも可能だと考えられますが3層は、3層へ降りる暗転が長いのと行動2が極めて短い(最速で入っても見ることすらできない)ために不可能だと思われます.


グリッチとしての応用

3層威嚇スタート

2層移動条件はHP70%未満で、ギリギリで移動すると3層開始HPは移動吸収をする場合には最悪85%程にもなりますが、移動吸収をさせずに威嚇させておくことで41%~69%開始にできます.
また臨界までの行動カウント開始が早まるので臨界速度も速くなりやすいです.

3層キャンプ吸収

2層移動時にHP40%未満にしておいてテント発覚すると、3層の吸収条件を満たしているのでテント~キャンプにいる間に通常のHP+35%の地脈吸収を行わせることができます.
これを上手いこと活用すれば3層での吸収回数を実質1回減らすことも可能になります.

2層威嚇スタート

1層移動条件はHP90%未満かツタ罠後に落石ダウンをとることです.ツタ罠落石の後は100%移動もできるので威嚇スタートの恩恵はほぼないですが、90%未満移動などの場合は2層開始HPを100%ではなく90%未満にすることができます(この間の毒も有効).

2層即吸収

例えば1層の地脈エネルギーが枯渇した状態でスタートした場合、1層でHP50%未満にして移動させると2層で吸収条件を満たしているので発覚後すぐに地脈吸収開始、あるいは2層も枯渇している場合は即3層への移動が可能です.

【SAOAL】ver3.12のソロ攻略と装備

※途中で力尽きて下書きにしまっていた記事です.内容の精査はしてないですし、書き途中だったはずなのでどこかで途切れていると思います(もうSAOALの記憶がない).

アリリコはver3.01からドロップテーブルが変わって、それ以前の攻略装備に関する情報は殆ど役に立たなくなっています.
では最終バージョンである3.12の情報が出回っているかというとそうでもなく、新規に対して厳しすぎるのではと思い、実際に3.12から始めた自分が攻略指針およびビルドの組み方を書き記そうと思いました.

キャラ

キャラごとにステータスの伸びが違ってアタッカーに向いてる/向いていないというのがあるんですが、攻略する上では進行度に応じた優秀な武器を種類問わず使えるという点でキリトがやはり優秀です.例えばシノンをアタッカーにしたいと思ってもまともに強い弓が拾えず、悲恋の弓で頑張るしかなく、そもそも覇の悲恋の弓をとるためには古レイド999にしなければならず、シノンオンリーではかなり苦しいというか無理です.それにマトリカリア覇までの攻略をみるならもっとたくさんのキャラを育成する必要があり、好きなキャラだけをアタッカーにしてSAOALをクリアするというのはまず無理です.

マトリカリア覇までの準備での周回や攻略のためにキリト、アスナ、ReoNaを育成していくことをおすすめします.キリトがアタッカー、アスナがハザーダー、ReoNaがデバファーです.残り枠は好きなキャラでいいですが、所持している武器のBS+によって変わってきます.特に拘りがなければ唯一の片手棍のリズベットを挿しておくのが無難にいいと思います.

デバファーとしてはReoNa一択で、ReoNa以外を使うのだったら機能しないことが殆どで、ただ居るだけになりがちなので他キャラを使うならサブバファー、ハザーダー、タンク、ヒーラーの役割を当てておいたほうがいいです.

そして、詳細は後述しますがマトリカリア極や覇がみえてきたら以下のキャラたちを育成していきましょう.

・ログ
・エルドリエ
・ベルクーリ
シリカ

ログとベルクーリは単騎で戦う場面がでてくるので必然的に単騎アタッカーとして育成していく必要があります.青薔薇ルート(ログ単騎)や神聖不可侵ルート(ベルクーリルート)のクリアをみない場合はログやベルクーリはバファーとしての育成で大丈夫です.
エルドリエはアタッカーにすることがほぼ必須で、マトリカリア攻略前でも鞭が集団戦において優秀なので育てておくと特定の周回コンテンツが楽になります.
シリカは短剣が持てるという点で攻略段階ではアタッカーに向いています.またマトリカリアでは次のキャラたちをバファーとして使わなければりません.

・ユージオ
・アリス
シノン
リズベット
・ファナティオ
ソルティリーナ
メディナ
リーファ
・ロニエ
ティー

アリスやリーファシノンはアタッカーに向いているという話はあったりするのですが、マトリカリアPTの組み合わせの都合上、バファーにするのが適切です.
バファーの育成自体は簡単なので、リキャスト装備などをこの人数分揃えておく必要があるということを意識しておきましょう.
このうち、余裕があればファナティオはハザーダーとしても育成しておくと便利です.

キャラや武器種の選択というだけで攻略の効率に天地の差がでてくるので、以上を参考に育成方針を決めてみてください..


重要なスキル

精神の檻

リキャストを-10%できる装備でリキャスト装備を構成する際の核になります.これでバフをループさせなければアリリコの攻略は始まりません.

リーダー気質

自分にしか効果が反映されないBSやBS+をパーティーメンバーにも反映させるペルソナです.
ただこれが必要そうで必要ないものもあって、例えばBSの鬼神応変はリーダー気質で範囲化できますが、BS+の鬼神応変+はリーダー気質を必要とせずに範囲化できます.
ここに全部羅列すると長いので新しいスキルを手に入れた時点でリーダー気質をつけたり外したりして確認してみてください.
リーダー気質不要で範囲化されているものはマルチで他パーティーにも拡散できます.

無機質と常在戦場の心

このペルソナとアニマによって攻撃力+60%、クリティカル率+20%を得られます.ペルソナに天才を採用して攻撃速度を得ても悪くはないのですが、攻撃速度はアクセラレータで簡単に得られるので攻撃力%をペルソナアニマで大きく稼いでおきたいです.攻撃力は100%上限です.この守護者の茨などは攻撃力%ではなく、実数であり、攻撃力バフの上限を超えて攻撃を盛ることができます(とはいえ実数にも1000の上限あり).
命中不足の場合はペルソナは器用がいいですが、その場合攻撃力を上げるBSを確保しておく必要があります.
残りの攻撃力40%はExスキルのバーサーカーで20%、さらに残った20%を剣技神化、闘志の咆哮、電光石火+のいずれかで補完します.片手棍のヴァリアブルブロウは攻撃力+50%してくれるので天才や器用を採用するなら便利です.味方のアーツコードで剣技神化や闘志の咆哮をうたせるようにしておくとBS枠を空けることができるのでレコードの設定はやっておきましょう.簡単に言えばペルソナアニマ、Exスキルで攻撃力80%、味方NPCのアーツコードから残りの攻撃力20%と攻撃速度100%を無償で受け取ってしまって枠を圧縮してパレットにはより強力なBSを入れようということです.まあ理想的な話ではあるので、天才、剣技神化、電光石火+で攻撃速度を稼いでおいたほうが安定はします.

アクセラレータ

風の神聖術Lv3で、これをNPCのアーツコードを利用して設置させておくことで簡単に1つあたりスキル速度+50%を得ることができます(+100%が上限).
味方NPCのアーツコードを含めて、上手く扱えないようであれば天才、剣技神化、電光石火+を使ってスキル速度+100%を目指すことをおすすめします.

覚醒

アーツゲージを一瞬で溜めるBS.これがないとSAOALは始まりません.覚醒を4キャラで回して常にスーパーアーツを維持するというのが攻防の面でかなり重要です.
スーパーアーツ中ならSSもBSもうち放題で敵のスピードも落ちます.敵のスピードを落とすというのはダウン時間の延長でもあり、相対的に攻撃速度を上げてDPSを底上げしていることになります.
また必中バフの冥想闘気のためにも覚醒が必須で、ソロで扱えるBSの枠の殆どが覚醒になってしまうという事態にもなり得ます.
リキャスト装備が揃うまでは澄まされた一閃と合わせると覚醒のリキャストが間に合いやすいです.

百花繚乱

スキルコネクトExの失敗を無視するだけ...ならプレイヤースキルで補えるのでは、と思いますが実はこの百花繚乱は通常はEX数最大になったらリセットされるところをスキルコネクトEx数を維持したままにできるという隠し効果があります.EX数を高い状態に維持しておくと火力が2倍、3倍にも跳ね上がるので火力スキルとしてはぶっちぎりの優先度があります.
このスキルによる条件緩和があるからといって先行入力しまくっていればEx数を上げられるかというとそうでもなく、早すぎる入力はただのスキルコネクトになってしまったり、Ex数が止まったりします.このあたりは反復試行と練習あるのみです.
百花繚乱と相性が良いものはEX数を増やす達人の領域、昇華の秘蹟、跳ね鹿亭の蜂蜜パイとスーパーアーツ延長の澄まされた一閃です.

澄まされた一閃

スーパーアーツ時間の延長により、上に挙げた覚醒と百花繚乱と合わせるとその効果を跳ね上げることができる実質火力スキルです.
ソロではまず入れたいですが、マルチだと覚醒のずれ(スーパーアーツ中は覚醒の無効)が起きるので要相談といったところです.

鬼神応変

クリティカル率を実数で+35できるスキルで、下限値と上限値の引き上げ効果もあります.
鬼神応変は重ね掛け不可で1枚あればいいです.カスタムスキルで+3することで下限上限の値を+3できますが、バフ1枠消費する割には微妙だと思います.
この下限上限を+35引き上げするという効果がぶっ壊れているのでクリティカルがでないような強敵相手には必須のスキルになっています.紫電の聖痕、不凍の心との相性もいいです.

猛虎の気合

鬼神応変の加算のあとにクリティカル率を乗算で1.5倍にするスキルで、これにも下限上限引き上げ効果もあります.が、乗算なので鬼神応変と合わせないとクリティカル率の効果は小さいです(一次関数の切片を思い浮かべるとわかりやすいかと思います).
クリティカル率の方はおまけのようなものでこのスキルの本命はクリティカル威力の方にあります.クリティカル威力は合わせて100%を目指したく、猛虎2つか、1つと致命の一撃、怒髪衝天、猛攻(レイドバフ)などと合わせてクリティカル威力を高めていきましょう.
このBS+がついているのは血刃の短剣、悲恋の弓(Lv400~)、【極】聖紋刀のみだと思います.なので猛虎バファーとしては短剣キャラ、シノン、刀キャラに限られてきます.

神身の増強

割合でステータスを増やすので後半のコンテンツになるほど強力になってきます.4つのステータス、すなわち火力、命中、SS補正を底上げすることができます.しかも重ね掛けすることができます.火力増強という面もありますが、足りない命中をDEXによって補うという面が強く、中盤や後半での必須級スキルになってきます.
とはいえ神身の増強が付く静寂の指輪がでる西レイド周回は効率が悪すぎのでver3.12になった今はオススメしません.
【極】静寂の指輪は古レイドLv500~からでます.これはハザード用に不凍の心付きのものも必要です.神身の増強付きがドロップしたならメイン装備にぜひつけてステータスを増強していきましょう.
【覇】静寂の指輪はイングラッタ瀑布のイングラシシオウからドロップします.神身の増強目当てならここが効率いいです.
同様の効果をもつPSの高揚する心、鬼神の血統、意識の焦点も無難に強く、命中目的なら鷹の目ももちろん優秀です、というかだいたい必須になってくるはずです(精密機械は弱い).

神衣の戦士

分身によって無敵になれますが、弾攻撃は貫通され、多段攻撃は一瞬で剥がされ、万能のスキルではないです.弾を防ぎたかったら風の神聖術Lv2のウォールウィンドウを使いましょう.
ハザードダウンループ中に被弾し得るとしたら起き上がりからハザードまでの時間中ですが、基本的にHP1で立ち回ることが多いのでその際の事故死を防げるスキルです.
それとカスタムによって分身を増やしつつ、自傷によってHP1の維持がしやすく、徹底抗戦との相性が二重の意味で相性がいいです.
ハザードが一瞬でとれる場合にはそこまで必要でもないです(自傷は覚醒のカスタムに任せる).

徹底抗戦

低HP時、Damage値が最大2倍になる火事場スキルです.これの有無で火力に大きく差が出てくるので中盤以降は必須スキルになります.そもそも高難易度ではほぼワンパンされますし、SSカスタム(神単衣など)でどうせ低HPになるので使わないのはもったいないです.
不死の秘蹟-75% + 神衣カスタム自傷-30% か 神単衣×2 -100% + 神衣カスタム自傷 -20% でHP1にできます(謎の計算により神単衣だけではHP1にならない).なのでアタッカーはSSかBSのどれかに不死の秘蹟か、神単衣×2をカスタムしておき(メイン装備はダメ)、そのSSかBSを発動してからメイン装備に変わったあと、神衣の戦士を炊くことでHP1にできます.リジェネを炊いていなければ抜刀中に回復することがないので神単衣SS中にもHPが回復してしまうということはないはずです.
神単衣入手前は血華の聖痕を使うのが安定かなあと思います.不死の秘蹟もいいですが鳳凰の聖痕が使えなくなるのが個人的には痛いと思うからです.

冥想闘気

格上の強敵と戦うときに必須になる必中スキルです.命中が確保できるのなら必要はないです.効果時間がそこまで長くないうえにパーティ指示モードでうたせないならアーツゲージ1000必要になるので、使わなくても当たるのなら使わないほうが楽です.900神獣とマトリカリア覇の攻略においてはお世話になるはずです.

神単衣

追撃+2しつつ、追撃火力を高めることができます.さらにHPが下がるので徹底抗戦との相性も良くなっています.
絶対に腐らない火力スキルになるので深く考えたりいちいち検証するのが苦手な人は雑に神単衣を2つ採用するといいです.
追撃は4つ(神単衣2つ)が上限でそれ以上は無意味です.

舞姫

空中攻撃のSS補正を+200%できるスキルで、短剣のラピッドエタサや両手剣のカラミティと相性がいいです.他武器種でも対象となるSSがあったりするので探してみてください.【覇】幻嵐の短剣にこれがついているので、SSカスタムで舞姫をもう一つつければだいたいの敵をしばけるようになります.

嘲笑する蹂躙者

単体判定の攻撃を範囲化するスキルでアタッカーにとりあえず付けておくのがいいです.Exスキルのバファーは半径が2倍になってこれと相性がいいです.
集団戦で有用というのは当たり前にしても、ボス戦でも部位破壊をするのに優秀なので常に付けておいて問題はないと思います.

不凍の心

鬼神応変と猛虎の気合と似た関係で、実数の紫電の聖痕と割合の不凍の心を組み合わせることでハザードゲージを大きく増やすことができます.
ハザーダーはハザードゲージ+200%を目指したいです.不凍の他にも、毒蛇の呪言で+50%、破砕の一撃で+30%できるので上手いこと組み合わせてハザードゲージ%を増やしていきましょう.

ハヤブサの拳

命中参照でリスク値を上げ、かつハザードブレイク時間を大きく延長することができます.強敵相手には特殊命中参照のデバフスキル(リスク値を上げるものでいえば背水の陣や強者の法則)は当たらないんですが、ハヤブサの拳は命中参照で微量ではありますがリスク値をあげることができる実質デバフスキルです.
ですがこのスキルの本命はリスク値増加ではなくハザードブレイク時間延長にあります.この延長された時間中にいれたデバフというのは敵の流れる時間に属するのでキャラクターの時間経過に対して非常にゆっくりとデバフ時間が経過し、実質デバフ時間延長になります(速度デバフはさらにその速度を遅めることができて相乗効果あり).デバフをいれたあとに(本来効果時間が極短)のアクセラレータをチャージ、ディスチャージし、バフを撒いて落ち着いて態勢を整えることができます.そしてすべてが整ってからダウンまでもっていくことでフルデバフ、フルバフ状態でダウン中に最高DPSを叩き込むことができます.手際がよければ、スーパーアーツの速度低下と衰弱の魔眼でも代用はできますが、ついでにリスク値も上げられるのでこのハヤブサの拳は必須級のぶっ壊れスキルになっています.初心者にこそおすすめしたいスキルです.

混沌より這い寄るもの

スキル速度-50%と防御レベルダウンができるBSで、ハザードブレイク時間、ダウン時間を延長できます.ダウン中が最も火力が出せるのでその時間を延長する速度デバフは攻略の鍵になります.防御レベルダウンも弱者の呪いと合わせて特定の場面で役に立ちます.
強敵に対しては特殊命中が必要なのでReoNaの装備をしっかりと揃えてないと腐りやすいです.
これを合わせてシャドウステッチ、スピカキャリバー、ディメンションスタンピードを合わせて使うことをおすすめします.全然デバフが入らないようであればもう諦めてしまうか、特殊命中装備をしっかりと揃えましょう.SSのデバフは命中に合わせて特殊命中も必要でかなり大変です.


他にも、意識の崩壊などが強かったりするのですがこれはワンダウンで倒す、あるいは戦線離脱でリキャストを踏み倒す必要があって要求DPSが高くなります.上級者向けのスキルで汎用性が高くなく、安易に勧められるものではないので割愛します(というか意識の崩壊を使って攻略できる人は自分でビルド構築していけるはずです).

ビルド構築

アタッカー

ダウン中に主に自分で操作するキャラで、命中と攻撃速度、火力に特化させたビルドにします.冥想闘気運用であれば命中を捨てて火力のみを追求すればいいです.
敵に合わせて武器を変えられ、ステータスも十分にあるキリトをアタッカーにするのがやっぱりいいとは思います.他キャラをメインのアタッカーにするのは攻略が苦しくなります.とはいえマトリカリア覇ではキリトが使えない場面があるので大変なのですが....

ペルソナアニマは無機質と常在戦場の心がおすすめです.アクセラレータが安定しない人は天才か奔放、missが出る場合は器用にしましょう.

パレットに装備するBSは百花繚乱、徹底抗戦+は最低限入れておきましょう.この2つは最重要スキルなので効果時間やバフ個数上限で消えてしまわないためにダウンしたときに発動しましょう.Exスキルはバーサーカーかバファーで、守護者の茨を運用するならバーサーカーではないものにしましょう(ディフェンダーもあり).
PSは嘲笑する蹂躙者、澄まされた一閃を入れて残りは達人の領域や不足ステータスをあげるものがおすすめです.猛虎1つ運用なら致命の一撃も強いです.

アーツコードはアクセラレータをチャージできるようにしておきます(ディスチャージまではしない).他キャラに切り替えてハザードからバフまでやっている間にAIにアクセラレータを貯めてもらって、最後にアタッカーに戻ってきたときにアクセラレータ設置→自分のバフ→殴るという感じでやるといいです.
そのため、メイン装備には神鳴の具象を付けておきましょう.

SSカスタム

SSは基本はハザード、繋ぎ、繋ぎ火力(ダウン特効)、火力(ダウン特効)という構成にします.
ハザードSSというのは、ハザーダーは蹂躙者までつける余裕がないので雑魚集団戦においてのハザード担当になるためのものです.雑魚戦はハザードゲージがすぐに溜まるのでハザーダーは基本的に鬼神応変バファーとハヤブサの拳によるリスク値上げという役割になります(ビルド、メンバー変更が苦でなければアタッカーにハヤブサの拳を入れてハザーダーを抜くのも手段の一つ).序盤は不凍付きの白露の鎧の紫電アドオンを使うことになると思いますが命中不足になった段階から命中特化防具に紫電アドオンと【極】静寂の指輪の組み合わせになります.残り1枠は命中が最も伸びるものをカスタムします.冥想戦気運用なら白露+静寂+心技(速度と硬直軽減)が最適です.ハザードSSに選ぶSSは短いモーションでヒット数が多いものが適していて、各武器種で探ってみてください.短剣とかでスキルコネクトEx数をあまり稼がない立ち回りをするのなら例えばエタサを2つ用意して片方のエタサはハザードカスタム、もう片方はダウン特効の火力カスタムにするという手もありますがここでは火力SS以外に奥義は採用しないていで話を進めます.二刀流であればナイトメアレインがハザードSSとして優秀です.

繋ぎSSはスキルコネクトEx数を増やすためのもので、SSカスタムで達人の領域や昇華の秘蹟を組み合わせてスキルコネクトEx数+2をします.
達人の領域が付いていて使えるものは【極】樫の軽靴と【極】災除の外套です.樫の軽靴は命中が確保しやすく、災除の外套は高揚する心が付けば火力を伸ばしやすいです.
命中の観点では昇華+樫の軽靴がいいかなと思います.

繋ぎ火力SSはダウン中に百花繚乱でスキルコネクトExを維持してループするためのサブ火力かつスキルコネクトEx数を増やすためのもので、SSカスタムでスキルコネクトEx数+1します.これにはダウン特効の羅刹の具象をつけたいので昇華を使わずに、樫の軽靴か命中が足りるなら災除の外套がいいです.

火力SSはダウン中のメイン火力になるSSで、ダウン特効付きで高火力のものです.武器種(とプレイヤースキル)によっては奥義とは限らないです.とにかく必要な命中を稼いだうえでSS補正に合わせてステータスが高くなるカスタムをします.もちろん羅刹必須です.

高スキルコネクトEx数の構築

以上のようにカスタムすると、追加スキルコネクトEx数はハザード(0)、繋ぎ火力(1)、繋ぎ(2)、火力(0)となっているはずです.
パッシブや食事バフが何もない状態だと最高でスキルコネクトEx数は4なので4まで繋げることができます.やり方は

繋ぎ(2) → ハザード(0) Ex1 → 繋ぎ火力(1) Ex2 → 繋ぎ(2) Ex3 → 火力(0) Ex4 → 繋ぎ火力(1) Ex4 → 火力(0) Ex4 → 繋ぎ火力(1) Ex4 → ...

です.PSに達人の領域を採用したり跳ね鹿亭の蜂蜜パイを使用している場合は素でスキルコネクトEx数+1されているのでEx5まで繋げられて、やり方は上の応用で、

繋ぎ火力(1) → 繋ぎ(2) Ex1 → ハザード(0) Ex2 → 繋ぎ火力(1) Ex3 → 繋ぎ(2) Ex4 → 火力(0) Ex5 → 繋ぎ火力(1) Ex5 → 火力(0) Ex5 → 繋ぎ火力(1) Ex5 → ...

です.要領はわかってきたと思います.達人の領域と蜂蜜パイを併用すればEx6までいけて、

ハザード(0) → 繋ぎ火力(1) Ex1 → 繋ぎ(2) Ex2 → ハザード(0) Ex3 → 繋ぎ火力(1) Ex4 → 繋ぎ(2) Ex5 → 火力(0) Ex6 → 繋ぎ火力(1) Ex6 → 火力(0) Ex6 → 繋ぎ火力(1) Ex6 → ...

でいけます.しかし、いつでもこのEX数を最大にすることを意識するべきかというとそうではありません.
ハザードを取らなければいけないときはハザードSSをステップキャンセルを活用してハザードが取れるまで連打、アーツゲージや敵のHPの残量に応じて最適なEx数とコンボが決まってきます.脳死で上述のコンボをしているようでは、確かに仮想敵へのピークDPSというのは高くなりますがキルタイムが早くなるとは限りません.各スキルの範囲、発生の速さ、硬直時間、空中特効、ダウン特効など様々なことを考える必要があります.そのあたりは数をこなしてセンスを磨いていきましょう.
例えば奥義でワンパンできるような敵だったらコンボもEx数も関係なく初手に奥義を出してワンパンすればいいですからね.


ハザーダー

中ボスやボスでハザードゲージが長い敵をハザードに持っていくまでの役割で、ハヤブサの拳によってハザードブレイク時間延長とリスク値増加というデバフ(システム上ではデバフではない)も与えます.ハザードにするのは不凍の心付きの白翼の細剣が持てるアスナのカドラプルペインが最効率ですが、他のキャラでも十分役割を担えます.槍や鞭は広範囲ハザードを取りやすいですがボスに対してハザードが取りやすいというわけではないです.したがって、雑魚の集団戦はアタッカーの蹂躙バファーの紫電+不凍×1のハザードSSで対応し、ボス用に細剣、時点で短剣か二刀流キャラのハザーダーを育成しておきましょう.
おすすめはアスナ、細剣キリト、回復バフを撒かないシェータ、シャドウを当てやすいReoNa、命中とDEXが高いアリス、片手剣を2つ持てる二刀流のレインがおすすめです.細剣はカドラプルペイン、短剣はエタサ、片手剣はノヴァアセンション、二刀流はスタバでハザードを取りやすいです.

(後述のハザードバフを除いて)ハザーダーに必要なステータスは命中とクリティカル率、つまりDEXです.それが十分に満たされたあとに欲しいのはスピカキャリバーやシャドウステッチのデバフを当てるための特殊効果命中です.しかし、これは育成が大変なので別のデバファーに担わせてもいいと思います.育成が十分できてスピカやシャドウを当てられるようになるとデバファー枠の圧縮ができて便利ではあります.

ペルソナは命中確保のために器用、アニマは腐らない慈愛がいいでしょう.Exスキルはハヤブサの拳やカドラプルペインを当てやすくするためにバファーがおすすめですが、スピカのデバフを意識してデバファーにするという選択肢もあります.

アーツコードはカドラプルペイン連打できるようにしておくとダウン起き上がり後にアタッカーのスキルコネクトEx数を維持したまま再ハザードを取りやすくなります.安定感があるわけではないのでアクセラレータのアーツコードにして起き上がったらキャラ切り替えして自分でカドラプルペインをうつのが安牌です.
アクセラレータを撃たせるならメイン装備には神鳴の具象で、そうでないなら何でもよく、手持ちで死にづらくなりそうなものを付けておきましょう.

ハザードビルド

ハザードゲージを増やすためには、実数で増える紫電の聖痕アドオンがまず必須です.その実数で増えるゲージを不凍の心などの乗算効果で増やしていきます.最大で200%まで有効です.

不凍の心:+50%、破砕の一撃:+30%、毒蛇の呪言:+50%

なので、不凍×4、不凍×3+毒蛇、不凍×2+破砕+毒蛇を目指しましょう.命中とトレードオフになりやすいのでmissが出る場合は数を減らして命中を確保するようにしてください.

不凍の心は、アスナの白翼の細剣、シノンの悲恋の弓、キリトの闢邪の弓、【極】静寂の指輪、白露の鎧につきます.白露の鎧に関してはのちのち命中不足でつかいものにならなくなるのであまり使い物になりませんが、冥想闘気運用するのであれば強力です.

それからこれら紫電不凍の効果を発動させるためにはクリティカル率を高めなければならないので鬼神応変をBSとして採用します.鬼神応変+であればパーティ全体にクリティカル率バフを撒けるのでバファーの役割を一部担えます.なのでBSパレットは必然的に

ハヤブサの拳+
・毒蛇の呪言
・鬼神応変+
・覚醒+

になるはずです.ハザード過剰であれば毒蛇の呪言を剣技神化などのリーダー気質を必要としないバフに変えましょう.ハヤブサの拳は東レイドの熔煌殻の鎧か【極】風雲の耳飾りから得られます.このスキルの強さは上述しているので飛ばした方は戻ってください.
BSカスタムは普通リキャスト特化ですが、ハヤブサの拳に関してはリキャストと命中の両立が必要になってきます.
剣技の果て(リキャスト-5%)付きの命中DEXが高めの剛騎の鎧に鳳凰アドオンを付けて、DEX高めの廃忘の守護石と潜在意識付きで命中DEXが高めの【極】奈落の指輪でカスタムするとリキャスト-35%しつつ命中確保ができていい感じになりやすいです.アニマの慈愛で効果時間延長もあるので効果時間95秒、リキャスト117秒までは持っていけます.命中十分でパッシブに精神の檻が付けられるならリキャスト99秒にできてほぼループ可です.奈落の指輪がない場合は攻略段階ごとにそれっぽくカスタムしておきましょう.






↑不凍白翼アスナで不凍×2+毒蛇+破砕でハザード+180%にしつつ高い命中を確保しています.カドラプルペインの命中は1900、ハヤブサの拳は命中1744、リキャスト-35%(+慈悲)になっています.

【覇】白翼の細剣って命中100、DEX784、クリティカル100、不凍の心でハザードとってくださいと言わんばかりの性能で、なおかつおまけに特殊効果命中100もついているのでスピカキャリバーの速度デバフも与えやすいというぶっ壊れ武器になっています.この武器によってハザーダーとしてはアスナが飛びぬけて強くなっています.

ちなみに命中を冥想闘気に頼るなら、白露と静寂の指輪で150%稼げるのであとの50%を毒蛇かPSの不凍か白翼で稼ぐことで、リーダー気質にしてバファーを兼ねる、混沌をいれてデバファーを兼ねるなどしてビルドの自由度がかなりあがります.
しかし、ハザーダーは敵の起き上がりに合わせて瞬時にハザードにさせる必要があるので、冥想闘気が切れて役立たず...となっていてはだめなので、あくまで高速周回やタイムアタックをする場合のビルドといった感じです.
また、この細剣によるハザード特化ビルドは対集団で使うことはあまりありませんがどうしてもという場合は蹂躙者を採用しましょう.基本的に対集団であれば蹂躙者アタッカーの紫電に頼るか、ハザーダーを採用するなら槍か鞭キャラになります.


バファー

アタッカーの火力を伸ばすためのBSをうつだけの役割で、この枠は武器種とキャラ愛で選べます.しいていうならVITが高いリズやベルクーリを選ぶとやや死にづらくなっていいです.
必要なステータスはアタッカーより先に死なない程度のVIT以外に特にはなく、リキャスト装備さえ整えればいいです.
ペルソナはリーダー気質と慈愛でアーツコードはアクセラレータのチャージとディスチャージを記録しておきます.なのでメイン装備は神鳴の具象が必要です.
片手棍のリズであればヴァリアブルブロウをうつようにも組んでおくと攻撃バフが得られます.

PSは精神の檻と危険への備え、残り2枠はHPリジェネ、澄まされた一閃、SP関連などがいいですかね.自分が使いやすいもので良いと思います.
Exスキルはエフェクター、バファー、タンクあたりで自分が納得できるものがいいです.エフェクターにしておけば鳳凰の聖痕と合わせてスーパーアーツ中でなくともBSがうちやすいです.とにかくバファーは特に制約がなく育成が最も簡単で、どのキャラでも役割をこなせます.

欲しいBSを優先度が高い順に列挙してみたので参考にしてみてください.

・覚醒+ (4枚)
・百花繚乱 (1枚)
・鬼神応神 (1枚)
・徹底抗戦+ (1枚)
・神衣の戦士 (自傷をつける→分身不要なら覚醒でも代用可)
・神身の増強+ (miss、非クリティカルがでなくなるまで重ねる)
・冥想闘気+ (↑それでもmissがでるなら2枚にして火力特化ビルドに変更)
・剣技神化 (速度100%になるまで重ねる)
・電光石火+ (速度100%になるまで重ねる)
・猛虎の気合+ (クリ威力100%になるまで重ねる)
・剣華の烙印 (1枚)
烈火の剣+ (1枚)
・戦いの血統 (余った枠に複数枚)
・闘志の咆哮 (攻撃100%になるまで重ねる)
・守護者の茨 (攻撃力不足なら余った枠に2~3枚)

覚醒はリキャストと澄まされた一閃で必要枚数は変わりますが安定感を求める場合は保険としてフルでもっておくといいです.

BSのリキャストカスタム

バファーに限らず、アタッカーハザーダーにしてもBSはこのカスタムをしておく必要があります(デバファーは一部例外).
古レイドLv500で稀に手に入る精神の檻付き【極】守護龍の鎧に鳳凰の聖痕アドオンと北セントリアで作成できる精神の檻付き旅人の外套、南レイド報酬の精神の檻付き廃忘の守護石でリキャスト装備が組めます.守護龍の鎧が手に入るまでは剣技の果て付きの剛騎の鎧を使えばよいです.それもない場合は本当になんでもよく、北セントリアで購入できる、アドオンが付けられる防具(とも言えないようなゴm...)につけておけばいいです.


デバファー

命中、特殊命中が必要で育成がアタッカー並みに大変です.重視すべきことは武器、防具、アクセで特殊効果命中の実数です.それらの値をBSやPSの特殊効果命中%バフで伸ばしていくというのがデバファーの育成方針になります.その上にSSデバフの場合には命中も必要ですし、BSデバフはリキャストとのバランスというのも考えていく必要があります.
その育成の大変さ、格上への刺さりにくさ、ReoNaがマトリカリアで使えないという点から、最短でマトリカリア覇をクリアするにはデバファーの育成には手を出しすぎないほうが効率がいいのではないかと思っています.とはいえ、できる限り育成しておくと周回コンテンツでかなり役立ちます.

デバファーの主な役割はスキル速度ダウンデバフをいれ、ハザードブレイク時間とダウン時間の延長をすることです.他にも背水の陣や強者の法則でリスク値を上げたり、防御デバフを入れたりといったこともあるのですが格上相手には殆ど刺さりません.あとは防御レベルを下げてダウンを取りやすくするといったこともできますが上級者向けです.

シャドウステッチやスピカキャリバーなどのデバフ効果をもつSSに必要なステータスは、まず敵にSSを当てるための命中とそこからデバフ効果が当てるための特殊効果命中で、この両立がかなり大変になってきます.
特殊効果命中の%バフは100%が上限で、これはPSとBSバフで簡単に稼ぐことができます.なので大事なのは武器、防具、アクセについている特殊効果命中の実数値とキャラのステータスです.キャラの特殊命中ステータスはアマピを長押しするとアマピが入る確率として間接的にがみることができます.それで同条件下でReoNaと他キャラを比べればReoNaがどれだけぶっ飛んでいるか確かめることができます.

SSは【極】奈落の服で命中と特殊効果命中の両立、BSは命中がいらないので【覇】究明の服と簒奪の秘蹟で固めるといいです.
リキャストまで意識したいなら剣技の果て付き【極】究明の服に鳳凰の聖痕がいいと思います...が厳選がなかなかにきついとは思います.

とにもかくにもデバファーの育成は大変なので、ハザーダー+バファー2人構成にして攻略をしていくのがマトリカリア覇までをみると結果的に効率がよいのではないかと思います.


タンク

パーティーメンバーが壊滅してもとにかく最後の1人として生き残ることを第一目的とした役割です.
スーパーアーツとハザードダウンループ環境ではぶっちゃけ必要性はそこまでないんですが、デバファーが機能しにくいことと、バファーが多すぎてもバフ上限に引っ掛かることから安定感が欲しい場面では有効です.

タンクはまず武具アクセ含め、PS4枠でHPリジェネ5%、被HP回復量を100%に近づけます.
ちなみに一蓮托生のHPリジェネ5%は別枠なので全員生存時はリジェネ10%にできます.

そしてBSはリーダー気質不要の範囲系バフで固め、ペルソナを気配りにします.
リーダー気質を外すことでアタッカーに不要の防御系BSをAIが炊いても影響がなくなります.

アドオンは弾無効にできる壁眼の具象か紅蓮の聖痕をつけます.再生の秘蹟の内容はPSで簡単に再現できるので他の強力なアドオンを差し置いて採用する価値はあまりないです.
壁眼の具象は、弾攻撃を無効にでき、敵によっては殆どの攻撃を無効化できます.
紅蓮の聖痕は、中断耐性が付くのでごり押しで神聖術を唱えるみたいなことができます.
基本的にこの2択かなとは思います.ウォールウィンドウ、アフィニティレイン、ミョルニルハンマーLv1、フォースバリアを使えば同様に弾無効、防御レベル+7にできますが維持は現実的ではないのでどちらかをアドオンに頼りましょう.
BSに余裕があれば防御レベルは悪鬼剛腕に頼るのも一つの手ではあります.

アタッカーが生きているときにミョルニルハンマー、アフィニティレインなどを使うのはバフ枠を埋めることになるので基本的にNGです.
フォースバリアは守護者の茨を使っているのならありで、ヴァリアブルブロウ、ストロングボディは攻撃力%不足ならガンガン使ったほうがいいです.
これらのバフを維持しようと頑張って自分のリスク値をあげてしまうとタンクにならないのでその点にも注意する必要があります.











コンテンツの進め方

まず難易度はノーマルで基本はプレイします.レベリングをしたいときに自分より敵のレベルが低くなってきたときには一時的にハードやデスゲームにしたりします.

コンテンツの進め方ですが、ストーリーをしっかりと楽しみたい方はアリリコ本編(以降リコリス、略称リコと呼称)→古の使徒ストーリー(略称古)→異界の宝剣→ミオソティス(DLC1、略称ミオ)→マトリカリア→各レイドや神獣周回⇆マトリカリア+極・覇という進み方をすると思います.

しかし効率を重視したいという方は次の進め方をするといいです.

リコリス→ReoNa&異界の宝剣→マトリカリア→ミオソティス→東レイド→南レイド周回→古ストーリー→古レイド&変異魔獣&ミオ魔獣周回→北&東レイド極→北&東レイド覇周回→マトリカリア900神獣周回→マトリカリア+極→マトリカリア+覇(ライオン周回→夜空ルート)→古レイド&変異魔獣


この進め方をするという前提で各コンテンツについて少し解説します.

リコリス&ReoNa&異界の宝剣

ストーリー中にバフ回しや百花繚乱とスーパーアーツを使って短剣、槍、二刀流あたりのソードスキルについて慣れておきましょう.
旅人の外套の素材や野生の薔薇などを意識して集めておくとちょっと楽です.

ReoNaは序盤からReoNaストーリーをクリアすると仲間にできます.異界の宝剣はストーリークリアするごとに仲間が増えていきます、ティアまでは絶対にやっておきましょう.
ReoNaは特殊効果命中がぶっちぎりに優れていて、デバファーとして頭一つ抜けて強いです.とはいえ強敵相手やエンドコンテンツではデバファー自体が機能しなくなりがちなので、リソース節約の観点から育ててなくてもいいかなあと思ってはいます.
異界の宝剣ストーリーはクリアすることで、のちの攻略の要となる万彩の八支刀を入手できます.

ストーリーが終わったらとりあえず連打マクロを使ってカラントクラスタを斬り続け、各武器種の熟練度を上げておきます.
風の神聖術Lv3アクセラレータが未取得だったり、バトルスキル(BS)やパッシブスキル(PS)の解放がまだだったら石像にも話しかけておきましょう.
そのついでにカラントや魔獣神獣を倒してアドオンや神獣素材を集められるだけ集めておきます.

アドオン

捕食の具象 ドロップアイテム数 +1
→神獣素材を集めるときに肉とチーズの挟みパンと合わせて

見識の具象 経験値 +20%
→レベリングに

神鳴の具象 神聖術チャージ時間 -30%
→メイン防具に

羅刹の具象 DOWN時威力 +80%
→メイン火力のSSカスタムに

昇華の秘蹟 スキルコネクト条件の緩和、スキルコネクト数+1
→コネクト数を増やす繋ぎのSSカスタムに

紫電の聖痕 HAZARDゲージ+3、クリティカル時HAZARDゲージ+50
→ハザード取りのSSカスタムに

簒奪の秘蹟 特殊効果命中+30(命中率 -25)
→デバフBSのカスタムに(SSの場合は命中率の低下に注意)

鳳凰の聖痕 消費SP-50%、効果範囲+50%、リキャスト時間-20%
→BSカスタムに



その後、旅人の外套と虹輝虫のお守りをセーブデータのリセマラを駆使して精神の檻+と覚醒+が付いたものを最低4つは作っておきましょう.


マトリカリアに挑むまでには旅人の外套は計16個必要なので根気よく素材集めとリセマラを頑張ってください.
虹輝虫のお守りは普通の覚醒の方のBSをリキャスト210までカスタムすることである程度代用できるので最悪2~3個あればなんとかなります.
ただ、その場合リキャストが30秒長い上に速度ダウンデバフがついてしまうという点に注意してください.また、マトリカリア極から同様に覚醒+がついた豪胆の靴がドロップするので虹輝虫のお守りに時間をかけすぎなくてもいいです.旅人の外套は代用が効かないのでそちらへ時間を割きましょう.

そして必要なペルソナアニマを持つキャラの友好度上げもしておきます.必須なものは、

ペルソナ

フィゼルの器用:命中率+10%

ティアの無機質:攻撃力+30%、クリティカル率+20%

エルドリエの天才:攻撃速度+20%

イーディスの奔放:攻撃速度+15%、クリティカル率+20%

ベルクーリのリーダー気質:支援効果範囲拡張(一部スキルを除く自分にしかかからないスキルの効果をパーティメンバーにもかかるようにする)

アニマ

シェータの常在戦場の心:攻撃力+30%

イーディスの慈愛:スーパーアーツ持続時間+5%、効果時間+5%(延長されるのは自分のみで、受け取ったバフに関しては延長される)


です.他にも、ペルソナはユージオで経験値UP、アニマはアスナでドロップ率UP、フィリアで経験値&ドロップ率UP、プレミアでドロップ量UPなどもあったら便利です.

マトリカリアストーリー

え?ミオソティスからじゃないのと思うかもしれませんが効率を求める上で理由があります.
それはレベル上限解放で、マトリカリアを開始することでレベルが100まで引き上げることができ、レベリングの手間が一気に省けます.

そして雑魚敵から極装備がぽろぽろドロップするのでそれらで装備を固めます(あとでしっかりと強化も).
のちのち育成が大変なので、デバファーは外して短剣のアタッカーと細剣のハザーダーの装備をしっかりと集めて強化しつつ、残りのバファー2人は適当なBS+がついた武器を未強化状態で持たせておくのが効率的な攻略という面ではおすすめです.

宝箱からはよく欠片がでるので装備強化のためにしっかりと全部開けておきましょう.雑魚敵も隅から隅まで狩りつくしておくといいです.
とにかくここで欠片をたくさん集めておくとのちのち楽になります.
自分のLvのほうが高かったら難易度をハード、デスゲームと上げていくとレベリングの効率はいいです.

ミオソティスストーリー

マトリカリアとほぼ同じ装備が落ちるのでここでも集め損ねたものを集めることができます.
勿忘草の剣はそこそこ強いので二刀流でいくつもりなら強化していきましょう.

ここまでのマトリカリアとミオソティスの間に残すべき武具アクセは以下のものたちで、それ以外は売却廃棄しましょう.

アタッカー用の【極】不死桜の短剣.
命中とDEXを稼げるので【極】幻嵐の短剣までの繋ぎとして優秀です.


アタッカー用の【極】水晶の槍.
なくてもいいですが雑魚狩りをするときにあったら澄まされた一閃がついていて便利です.


アタッカー用の【極】妖閃鞭.
徹底抗戦+がついていてBS+枠を他のものにできます.エルドリエに持たせておきましょう.


ハザーダー用の【極】紅椿の細剣.
命中が伸びるだけで、繋ぎです.


バファー用の電光石火付き【極】古刀・青波.
武器で電光石火+を稼ぐことができるのでアクセのBS+枠を浮かせることができます.
この次は【極】聖紋刀で猛虎の気合を装備できるので刀キャラはバファーに向いています.

他にも有用な武器はいくつかありますが、古龍牙の剣を数本残しておいてあとは売却してしまっても問題ないです.


防具は【極】黒閃の衣をかき集めましょう.STR、DEXと命中が確保できます.
アタッカー用のメインのもの(ジャンプ攻撃でダウンをとりたいから)とハザーダー含めて各SSカスタムの分はしっかりと上げられるだけレベルをあげていきましょう.


デバファー用に弱者の呪い付き【極】銀鱗の胸当ても1つ持っておくとのちのち役立ちます.


ここまでで得られる他の防具は殆ど使えないので数着ずつ残しておいてどんどん売却していきましょう.


一方、欲しいアクセはたくさんあって、


SSカスタム用の鬼神の血統付き【極】鉄鎖の耳飾り、命中と各ステータス確保しつつ特命も稼げます.
これはステータス固定なので最低1つあればいいですが、通常攻撃命中確保のためにメインでつけることも考えていくらか持っておいてもいいです.


BS+用の【極】清浄の耳飾り、徹底抗戦+が付きます.
メイン装備につけるものなのでマトリカリアのことを考えて4つあればいいです、あとは捨ててok.


BS+用の【極】命泉の外套、烈火の剣+が付きます.
1~4つもっておくとなにかと役に立つと思います.


SSカスタム用の闘争心付き【極】闇豹の外套、命中とSTR、攻撃力が稼げます.
メインにつけることはないので1つあればいいです.


BS+用の【極】鱗装の外套、徹底抗戦+が付きます.
組み合わせの関係上清浄の耳飾りが使えないときに使うのでこれも4つは確保しておきましょう.


SSカスタム用の蹂躙者付き【極】鎖細工の首飾り.
特定のSSだけ範囲化したい場合に使えて、1つ持っておけば便利です.
でもあんまり使うことはないですかね.


SSカスタム用の舞姫付き【極】羽飾りの腰帯.
短剣のエタサ、両手剣のカラミティなどなどと相性がいい舞姫が付いたアクセで、1つはもっておきましょう.


BS+用の【極】涼布の手袋、電光石火+が付きます.
1~4個確保しておきましょう.


SSカスタム用の鬼神の血統付き【極】春暁の宝珠.
命中十分の場合に攻撃力とSTRを稼ぎたいときに使います、1つ欲しいです.


精神の檻が付く【極】輝石の指輪もあるみたいなのですが確認できませんでした.
これら以外は出番が殆どないので売却してしまいましょう.無駄に武具、アクセがあるとカスタム効率が落ちてしまいます.
なので頻繁に整理し、すっきりとさせておくことをおすすめします.
マトリカリアなどでかき集めた欠片を使ってアタッカーの武器は+20以上には強化しておきましょう.


東レイド

この順番で進めているなら初めてのレイドだと思います.他NPCパーティーは援護はNGです.バフ上限に簡単に引っ掛かりやすいからで、全部猛攻か鉄壁にしておきましょう.鉄壁にしたところで自パーティーが全滅したら終わりなので猛攻一択かなとは思います.

ここでやることは響晶ガエルの宝箱からを熔煌殻の鎧集めます.ハヤブサの拳がついた時点で終了してよく、すぐに終わるはずです.

他の奈落の指輪、篭手、服は確かに強いには強いですがver3.12の今更そんなことしてても効率が悪いので無視でいいです.
北、西、南もこの時点で1回ずつは探索・クリアしておくといいとは思います.
バファー(短剣)に磨きをかけたいなら西レイドで猛虎付きの血刃の短剣も集めましょう.その過程で神身の増強付きの静寂の指輪が手に入ったならラッキーです、指輪目当てで周回し続けるのはかなり効率が悪いのでオススメしません.


南レイド

精神の檻+付きの廃忘の守護石を人数分集めるためにここで南レイドを周回します.

とりあえず最低4つは集めておきます.自身の火力が上がって周回効率が上がったら再び戻ってきて計16個集めましょう.
この時点で、適当な防具に鳳凰アドオン、旅人の外套、廃忘の守護石でBSカスタムするとリキャスト-40%になるはずです.PSに精神の檻を採用すれば-50%になってだいたいのバフが効果時間切れと同時にリキャストが帰ってくるようになるはずです.


古の使徒ストーリー

ヒロインに関するもので、各ヒロインに対して1つずつレイドダンジョンが割り当てられます.
アリスクリアで追憶の闘技場が解放され、その次のシリカクリアで追憶の交換所が解放されます.

レイドクリアごとにそれぞれでボスのレベルが上がっていき、999になるとヒロイン専用のぶっ壊れ武器が得られます.
999武器で優秀なのはアスナ(ハザーダー)、アリス(アタッカー)、リーファ(アタッカー)、シノン(アタッカー)です.
999を周回すべきなのはロニエ(舞姫)とリーファ(光貝)です.
そのあたりを考慮してどのレイドダンジョンからレベルを上げていくのかというのを計画立てていきましょう.ただ、スカルリーパーとかはなかなかに硬いのでティーゼの騎士など、やりやすい敵からやるというのも手のひとつです.

この段階でのビルドはこんな感じになります.





まともに勝てはしませんが、Lv300帯の魔獣に攻撃を当てることは可能です.敵によっては全然命中過剰の状態なはずなので、その場合はPSを鬼神の血統、達人の領域、致命の一撃など、火力寄せにしてみてください.


ミオ南Lv300魔獣

ミオクリア後はcotinueの方からDLCマップが追加されています.
そこでロデル砂漠へ行きましょう.マップの各所に雑魚敵のロデルミツアリが点在しているのでそいつのドロップ品から鷹の目付きの【極】古竜牙の剣を1本厳選します.ついでに【極】黒閃の衣も集めましょう.

このような厳選をする際はふんわり卵の包み焼き、アニマの幸運などでドロップ率をあげておきましょう.攻撃力30以上、命中20以上、STRAGI40以上、鷹の目付きを目安に厳選してみてください.

リポップには一定時間を要するので、その間に同マップ狂暴な種族の頭領のLv300ヨロイグマと戦います.自分が死なな狩れば減らしたHPは回復しないのでリポップ時間中にちょびちょび削っていくだけでいいです.↑の装備ならだいたいHP5%程度削るごとにリポップしている頃合いかなと思います.ここからは討伐報酬として命中と特殊命中が確保できる優秀な【極】幻嵐の短剣が入手できます.この段階でこれを厳選するのはなかなかつらいので、1本以上手に入れば【極】古竜牙の剣の厳選が終了次第終わっていいです.ちなみに報酬ではなくドロップから高揚する心付き【極】合金の剣も落ちたりするので、もし落ちたらそちらを使っていってもいいです.

余裕があったら同マップの鳥魔獣から星晶の指輪が得られて、これがそこそこ使えるので入手しておきましょう.


変異魔獣Lv200(+30)

Lv200の変異魔獣上で厳選した【極】古竜牙の剣、勿忘草の剣、【極】幻嵐の短剣、防具、のちの白翼の細剣を強化するために北南西の変異魔獣を周回します.
ここで【極】古竜牙の剣、勿忘草の剣、【極】幻嵐の短剣を+30、SSカスタムにつかっている防具を+30まで強化しておきます.
防具などは+20程度にしておいて後回しでもいいですが、最低限二刀流の剣2本は+30まで強化しましょう.


古レイドLv100~300

本当に最速クリアを目指すという場合はここで古レイドはやらなくても一応、大丈夫です.

とはいえ白翼の細剣が欲しいのでとりあえずアスナの古レイドにいきましょう.Lv100~Lv199で不凍の心付き、Lv200~から鷹の目付きの白翼の細剣が落ちます.
ハザード重視なら不凍を狙い、命中狙いなら鷹の目を狙います.ステータス的にLv200~の鷹の目でDEXが高いのを狙ったほうがいいとは思います.

そして、古レイドはどうせやるのならリーファのスカルリーパーを光貝の耳飾り(特殊効果命中アクセ)狙いでレベルをあげておきたいです.
この先デバファーを活用していくつもりであれば光貝の耳飾りは必要になってくるはずです.
ただ、特殊効果命中20~30くらいがついたアクセは他にもいろいろあるので一旦はそれで代用していっても問題ありません.

古レイドはドロップテーブルの改悪によってLv300までの古レイドは白翼の細剣と光貝の耳飾りくらいしかうまみがなく、ただただレベルをあげる作業となっています...

新しく更新した武器はデスゲーム東レイド極の結晶をマクロで殴り続けて絆値をあげましょう.
装備を一新したらミオ魔獣の【極】幻嵐の短剣を再厳選しにいってもいいかもしれません.

ティーゼの騎士もこのあと周回する予定なので、Lv300帯のできるところまで回っておきましょう.運よく達人の領域付き【極】樫の軽靴、【極】災除の外套が手に入るとアタッカーのピーク火力が上がりますが、ここであまりそこに拘ってもしょうがないので出なかったら出なかったで次に進みましょう.


変異魔獣Lv300(+50)

武具強化の必要素材はLv50までは緩和されているので、ちょっとこの段階だと大変ですが北の変異魔獣Lv300を周回してアタッカーの武器(二刀流)を+50まで強化してしまいましょう.どうしても辛かったらできる範囲でいいのでなるべく強化して、またここに戻ってきて+50までは頑張りましょう.
武器種によって必要な欠片の色が変わるので対応した変異魔獣を回りましょう.

ちなみにどうしても辛い場合は、欠片大はレイド覇やミオソティス、マトリカリアの雑魚敵から集めるという手もあります.次のマトリカリア極では結構ぽろぽろ落ちるのでそこの雑魚敵が倒せるくらいの強さになれたらそこで集めつつ進めるというのもいいです.

東レイド覇雑魚敵

まずレイド覇にいくために東レイド極をクリアしておきましょう.他の北西南は殆ど行く価値がありません.
ボスより前ではペアになるのでそのつもりでBSの調整などはしておいてください.
雑魚敵を倒していき(中ボスやボスには手を出さない)、以下の武具アクセを集めます.




マトリカリア極雑魚敵

まずニマリベルタポルタ解放後は1層から2層に降りると思うのですが、そこの雑魚敵のドロップ品から冥想闘気付き茜空の外衣(防具)を入手します.

上の通りに進めていれば雑魚敵ならギリ倒せる装備レベルになっているはずです.
とりあえずこれをここでは最低2つ入手しておきます.
効果時間60秒でリキャスト180秒から-50%の90秒なのでその30秒を埋めるために1パーティーにつき2つ必要だということになります.

このついでに以下の武器とアクセも集めておきます.



変異魔獣Lv300(+99)

ここからは万彩の八支刀を+99にしていくことをしばらくの目標とします.
そのために、東レイド覇の雑魚敵から入手した【極】高級革の鞭をとりあえず+50にし、それを使って+70まで上げましょう.
そして両手剣の欠片、防具の欠片を集めていきます.鞭が欠片周回において本当にぶっ壊れ性能をしているので鞭を使うかどうかでかなり効率が変わってきます.近い性能の槍でさえ敵いません.

欠片周回高速化のために、ReoNaに叡智の指輪を装備させてBS+の背水の陣をつけます.有名なスキルがここで登場しましたね、現環境は殆ど使い道ないスキルですが変異魔獣周回では有用です.また特殊命中がしっかりと確保できているのならPSに強者の法則を採用するのもありです.
このような周回ではアスナなどのハザーダーは必要ないので、蹂躙バファーの広範囲アタッカー(ここにハヤブサの拳や束縛の鎖をいれてもよい)、背水デバファーをいれてあとは適当なバファーでokです.

万彩の八支刀を無事99にできたら、まず北セントリアのNPCの依頼クエストをクリアしていき評判を上げていき、割引5%にします.

そして追憶の交換所で【覇】万彩の八支刀を入手します.交換とはいってもなにも交換せずに無償です.

これは強化不可能というか、この時点で強化済みのぶっ壊れ武器です.

次に、勿忘草の剣を+99まで頑張り、同じ要領で追憶の交換所で【覇】勿忘草の剣を入手できます.
対複数のやや格下相手の周回は鞭、冥想闘気は使わずに安定して強敵を倒すには二刀流、冥想闘気を使って瞬殺するには両手剣が最適になってきます.


古レイドLv300~999

ビルド1 他キャラにハザードを取ってもらう方法

ビルド2 自分でハザードも取る方法

ビルド3 意識の崩壊を使う方法


Lv300開始だと過剰火力なので最初のほうはあまりバフもかけず、Ex数も低いままでほぼワンパンできます(例えmissがでるとしても冥想闘気なしでもゴリ押せちゃう).
で、さすがにそれだと通用しなくなってきたなと思ったらバフもしっかりかけ、Ex数も上げて戦いましょう.バフ漏れはしやすいですがレベリングも兼ねてレイドメンバーは全員埋めていくといいです、
以下はやり方の例のひとつで

冥想闘気

ReoNaでハヤブサの拳からの紫電不凍のエタサでハザード(クリティカル不足なら鬼神応変、熱血を使う)

速度デバフ(最悪入らなくてもなんとかはなるので入らない場合はアスナにしましょう)

剣技神化、電光石火で速度バフ、アクセラレータ保持

鬼神応変、百花繚乱、徹底抗戦

スーパーアーツ、冥想闘気延長

ジャンプ攻撃でダウン

アクセラレータを使ってカラミティを叩き込む

これで終わります.開幕が安定しない人は剣技神化などを1つ抜いて神衣の戦士をいれましょう.アクセラレータと剣技神化数枚で攻撃速度は十分なのでペルソナはDEXの低さからくるクリティカルの低さを補うために熱血がおすすめです.それからNPCがジャンプ攻撃しないように調整してください、どうしてもする場合は他キャラに変更しておきましょう.パーティー指示モードでBSを撃たせられない場合は速度を1%以上にしたり、一度指示モード解除してNPCにSSを撃たせたあとに再び指示モードに入るとBSを撃たせることができると思います.また撃たせたいNPCをパートナーにすることでパートナーBSキーから確実にうたせることもできます(時間停止はしないので手際よく).

Lv300帯開始時の装備のままLv999を倒した動画です、参考にしてみてください.
実際は古レイドを進めながら装備更新ができるはずなのでもう少し楽になる気がします.

Lv500~Lv599で次のものを必要個数分集めます.一応、覚醒+の豪胆の革靴も入手できます.
このレベル帯でしか入手できないので揃わなかったらリセット...という形になるんですがあとで解決法を載せておくのでとりあえず脳死で999を目指しましょう.


SSカスタム用の不凍付き【極】静寂の指輪
アクセで不凍が付くのはこれのみで代用が効かないのでこれは絶対に1つ以上確保するようにしましょう.
一応、マトリカリア極でも入手可です.神身の増強は他に代用があるので不凍付きというのが重要です.


BSカスタム用の精神の檻付き【極】守護竜の鎧
防具に唯一精神の檻が付くもので、こちらもマトリカリア極でも入手可です.
アタッカーはハザーダー、デバファーはPSに精神の檻をいれたくないのでその人数分欲しいです.
バファーの分はPSのほうに余裕があるのでなくても大丈夫です.一応、リキャスト5%分劣りますが、剣技の果て付き【極or覇】剛騎の鎧でも代用可です.


あとはLv999を周回して次の武具アクセを集めます.

命中、特殊効果命中、クリティカルは+50強化までなら40、+99強化までなら25で上限の100に到達します.
つまりその値さえあればokということで、攻撃力、STRVITDEXAGIなどが主な厳選対象になってきます.
ただ、この段階でそこまで厳選しきる必要もなく、マトリカリア極クリア後に再厳選でもよいです.


アタッカー用の片利独生なし【覇】不錆鋼の剣
徹底抗戦と相性の悪いHP吸収のスキルが付いていないものを攻撃力300、STR90、DEX70を目安に厳選しましょう.
【覇】夜空の剣入手までの繋ぎでキリト用に1本必要.


ハザーダー用の揺ぎ無き誓い付き【覇】秘剣・夜雨
アスナ以外をハザーダーにする場合に欲しいです.アスナも【覇】白翼の細剣が入手できるまではこちらが良いかと思います.
DEX170を目安に厳選しましょう.
キリト、アスナ、ファナティオ用に1本ずつあるといいです.天使999にしている場合は2本.


アタッカー(デバファー)用の舞姫付き【覇】幻嵐の短剣
STRが伸びないのが難点ですが、舞姫が付くことで火力をカバーできます.
攻撃力350、DEX160、AGI80が厳選目安.
また、特殊効果命中が付くため舞姫はなくてもいいので命中25以上のもののなかでDEX190近いものをデバファー(ReoNa)に持たせましょう.
シリカ用にアタッカー厳選で1つ必要.骸999にしてるならリーファアタッカーにすればいいので不要.
シリカ999武器もステータスは近しく、こちらは舞姫がつかない代わりにSTRがついていて、ステータス厳選不要です.シリカが好きであればこちらを狙っていくのも大いにありだとおもいます.


バファー用の徹底抗戦、冥想戦気付き【覇】千年鋼の大槌
徹底抗戦、冥想闘気をこの武器1つで稼げるのでバファーとしては一級品になっています.片手棍なのでVITや防御がのってたらなおよかったと思う惜しい武器です.
なくてもいいです.ちなみにリズの999武器にも冥想闘気がついていますがそのために999まであげるかどうかは個々の判断に任せます.


アタッカー用の潜在意識付き【覇】椰子縄の鞭
潜在意識が付くことで命中有利になり、なおかつおまけで冥想闘気もつきます.冥想闘気はつかなくてもバファーから受け取ればいいです.
攻撃力350、STR110、DEX140、AGI90が厳選目安.
エルドリエ用に1つ必要.キリト用にもう1つあると便利です.


アタッカー用の剣技の果て付き【覇】古刀・青波
剣技の果てはあったらいいですが、最悪なくても大丈夫で、ステータス厳選を優先しましょう.
攻撃力400、STR110、DEX110、AGI130が目安です.もしベルクーリルートまでクリアしたいというのであればこの厳選が重要になってきます(攻撃力440、STR120、DEX130、AGI150)
ベルクーリをアタッカーにするなら1つ必要.


バファー用の猛虎付き【極】聖紋刀
猛虎の気合がつくので刀キャラがバファーとして優秀になります.これ以外だとシノンの悲恋の弓と血刃の短剣しかないです.
のちのマトリカリアでもたくさんドロップするのでここで数を揃える必要はありません、そこでドロップ次第メディナなどに装備させればok.
2つほどあると便利.


アタッカー用の無念夢想付き【覇】魔剣・緋水
冥想闘気を必要とする両手剣である以上、無念夢想はありがたいです.
マトリカリアクリアには必要ないかもしれませんが、ソルティリーナやティアをアタッカーにするなら必要で、攻撃力380、STR170、VIT120、DEX120が目安.
夜空ルートクリアだけを目指すならソルティリーナをアタッカーにするのもよく、そのために1つ必要.


バファー用の剣技神化付き【極】万能鋼の両手剣
電光石火+よりも効果内容は薄いですが、剣技神化は効果時間が長くて扱いやすいです.
なくてもいいです.


アタッカー(デバファー)用の【覇】水晶の槍
PSもBSもつかなくていいです.DEXがつかなく、冥想闘気が必要になってくる場面もあります.
なので集団戦においては鞭のほうがいいです.序盤は槍のほうが武器が優秀なんですが後半は鞭のほうが優秀になってきます.とはいえ槍にもディメンションによる速度デバフ、リヴォーヴとアシーザトラストによるダウンまでの移行などの強みはあります.
攻撃力400、STR120、VIT90、DEX90が厳選目安.
特命を活かして、セブンに持たせて冥想闘気を使ってハヤブサの拳(リキャスト特化)を当てて、紫電不凍白露、不凍静寂カスタム(命中を捨ててハザード特化)のリヴォーヴによる範囲ハザードからの簒奪究明W光貝カスタム(命中を捨てて特命特化)のディメンションで速度デバフといった使い方もでき、取り巻きがいるコボルドのような相手に強力です.
なくてもいいです.


バファー用の冥想闘気付き【覇】鉄貫弓
武器に冥想闘気がつきます.特命はまあそんなに活かすことはできないです(混沌がいれやすい,,,とか?).
猛虎付き悲恋の弓がないならシノン用に1つあったら便利ですがなくてもいいです.


バファー用の神身の増強付き【覇】強射の弓
武器に神身の増強が付きます.アタッカー武器としても使えますが、シノンならアタッカーとしては【覇】悲恋の弓、バファーとしては猛虎付き悲恋の弓を持たせた方が強くはあります.


アタッカー用の潜在意識付き【覇】戦斧・即滅
ログをアタッカーにせざるを得ない場面もあって、マトリカリア攻略ではこちらのほうがお世話になるはずです.
攻撃力390、STR110、VIT150、DEX130が厳選目安.
ログ用に1つ必要.


シノン(死神Lv400)で猛虎の気合付き悲恋の弓
これによってシノンがバファーとして優秀になります.



防具は次のものを集めます.


SS、BSカスタム用剣技の果て版【極】剛騎の鎧
神速の構え版【極】剛騎の鎧(2つパッシブが付く)はなぜかアドオンがカスタムに反映されないのでこちらを使います.
AGIが要らない、命中が足りない場合は黒閃の衣のままでokです.
他に一応、神単衣が付くものも東レイド覇から入手できますが、上位互換がマトリカリア覇でたくさん手に入るので古レイドでついでに手に入るこれを使っていくのが効率がいいです.
防具のレベルは上げていって問題ないです、のちに手に入る上位互換へ武具合成すればいいですから.+50が4つ、余裕があれば+80、+99にしましょう.
ハヤブサの拳や意識の崩壊、束縛の鎖などの命中が必要になるBSのカスタムにもこちらを使ってリキャストと命中の両立を図ります.
また、精神の檻付き【極】守護竜の鎧が足りない場合の代用品としても使えます.


デバファー用の【覇】究明の服
【覇】の防具はアドオン枠があるかないかという厳選も必要になってきます、アドオン枠があるものを入手しましょう.

  1. 41まで強化すれば特殊効果命中が上限の100に到達します.

注意として、これは命中、DEXが付かないデバファー防具なのでデバフ効果のあるSSに採用する場合には冥想闘気が基本的に必要になってきます.
冥想闘気を使わない場合【極】奈落の服が必要になりますが厳選が大変です.


徹底抗戦版【極】黒閃の衣、冥想闘気版【覇】黒閃の衣などもたまに入手できます.


アクセは次のものを集めます.今までに集めたものの上位互換になっていて、数が十分な場合は旧アクセたちは売却しても大丈夫です.
ここであげるのはほぼ必須になってくるものたちで、有用なもの他にもいろいろあるので自己判断で適当に残しておきましょう.


BS+用の【極】風雲の耳飾り
ハヤブサの拳が付くのでハザーダーに使えますし、時にはアタッカーやデバファーが使うこともあります.


SSカスタム用の【覇】緑翠の軽靴
神単衣付きのSTR、AGI型で簡単に手に入るアクセのなかでは命中がない点を除けばそこそこ優秀です.
メインに徹底抗戦をつけるためにつけ、SSカスタムにそれとは別枠のほうにこれをつけることで神単衣×2でSSを振るうこともできます.


SSカスタム用の蒼穹の革靴
鷹の目が付いて、ハヤブサの拳や火力を目的としないSSなどで雑に命中を確保したいときに優秀なアクセです.


SSカスタム用の【覇】蒼輝の外套
舞姫がつくので羽飾りの腰帯と合わせれば空中攻撃のSS補正+400%を狙えます.
【覇】天衣の外套(どこかでドロップ?)を持ってたらそちらのほうがいいと思います.


BS+用の【覇】蒼輝の首飾り
冥想闘気が付いて、おまけに三味の境地でスーパーアーツ時間も伸びます.アクセで冥想闘気つけるならぜひ欲しいものです.
同時に入手可能な【覇】廃忘の耳飾りでも冥想闘気はつけられますし、黒閃の衣でもつけられるようになるのでもしかしたら出番は減ってくるかも、です.


SSカスタム用の背水の陣版【極】奈落の指輪
STR、DEX型で命中も伸びる優秀なアクセです.これと神単衣付きの【極】蒼天の靴の組み合わせがSTR、DEX、AGI、命中、追撃という点で多くの場合で優秀だと思います.
一応、この次に数値厳選の潜在意識版【極】奈落の指輪もあり、命中確保だとこれがとても優秀です.
他のレイド覇やマトリカリア覇でのアクセ厳選をすれば超えることはありますがこの効率チャートにおいては冥想闘気でないSSカスタムにはこの組み合わせがいいと思います.
もちろん、SSごとに適切かどうかっていうのは変わってきます.


バグリベラ時代はもっとぶっ壊れ級のアクセたちがLv100の雑魚敵からじゃんじゃか落ちたんですけどね...改悪によってよわよわアクセで頑張るしかなくなりました.

その他防具アクセ厳選

以下、なくてもいいですがあったら強くなれる防具、アクセです.厳選に時間がかかり、マトリカリアクリアが目標であれば一旦スキップしても大丈夫です.
最強を目指すのであれば是非厳選しましょう.自分は静寂の指輪以外はスキップして攻略しています.

マトリカリア東Lv500魔獣

神身の増強付き【極】静寂の指輪が必要個数分揃っていない場合は、イングラッタ瀑布のイングラシシオウのドロップで【覇】静寂の指輪をかき集めます.
continueのほうからマトリカリア東のオウロブス台地の行けるんですが、このマップがまだ表示されていない場合はサロール山地の左下からいけます.
一度タイトルに戻ればリポップして、入手率は悪くないです.

バフの時間を伸ばせるので無念無想が付いたものをアタッカーにつけるのをおすすめします.
また各ステータス最大82ついて4ステあるので命中が足りるのであればSS補正に合わせてこの指輪をSSカスタムに使うこともできます.
なのでスキルが付かなかったからといってすぐには捨てず、ステータスも確認しておきましょう.

東レイド覇中ボス

中ボスの亀から神単衣付き【極】剛騎の鎧.アタッカー用に強いですが、SS補正に合わせてステータス厳選が必要です.
マトリカリア覇で上位互換が入手できるのでこちらに時間を割く必要は今はないのかなと思います.

ミオ西Lv400神獣

ミオ西のミラーダ氷河には一見神獣がいないようにみえますが、左上の方に門があってそこを進んでいくと別エリアにつながって、神獣(タピル)にあえます.
こいつのドロップから冥想闘気を前提としないデバファー用の防具である意識の共振付き【極】奈落の服が入手できます.命中、特命25以上で高DEX(50、60台)を目指しましょう.

北レイド覇ボス

ボスから剣技の果て付き【極】究明の服が入手できます.特殊効果命中は+99でいいなら25、+50なら40で厳選しましょう.
これによってBSのリキャストが-5%されるので、デバフBSのカスタムには特命100まで強化さえすれば【覇】究明の服の上位互換になっています.
この5%のためだけに北レイド覇に潜るかどうか、っていうのは個々の判断に任せます.

西レイド覇ボス

神単衣、高揚する心付き【極】氷黒の外套が入手できます.
全ステUPなので、SS補正に合わせなくてもよい汎用性の高い脳死神単衣付きアクセです.

骸Lv999

リーパーLv999を周回すれば特殊命中83の光貝の耳飾りをたくさん入手できます.
これが2つあれば敵によってはReoNaで背水やアマピ(Lv~600)をいれることもできます.
またアスナのスピカ、セブンのディメンションなどのSSカスタムにも使えるので70以上のものをいくらかもってると便利ですね.
ただこの段階でのリーパー周回はつらいので夜空獲得後でいいとは思います.



マトリカリア+極

ついにマトリカリアに戻ってきました.まずは極のほうからです.
以上の装備で固めれば焚火で日数を進めて一瞬で終わらせてマトリカリア覇に進めることができます.
ここからのドロップ品は何回か潜ってみましたがめぼしいものはなかったので20層到達後に焚火で100日経過させ、キリトパーティーでさっさと終わらせてしまいましょう.

ちなみに20層のイベントでてくる魔獣20~30頭は経験効率が約20倍なので、レベルに不安がある人はここで上げてしまいましょう.


マトリカリア+覇(夜空ルート)

ここまでに、アタッカーのLv199、武器+99、メイン火力となるSSカスタムの防具+99を1~2セット、BSカスタム用のリキャスト装備を4~8セットにはしておきたいですね.
4つのパーティーで戦わされますが、カスタム装備は付け替え可能とはいってもキリトパーティーはカスタム固定で進むほうが楽だとは思うので、キリトパーティー用+付け替え用の1セットは欲しいところです.
ではまず各パーティーのビルドを作っていきましょう.

キリトPT

・キリト
・ログ
・ユージオ
・アリス

夜空ルートではキリトとログのペアになることがあります.このペアでのDPSが夜空ルートクリアのために最も必要になってきます.
なのでこの2人を軸にビルドを作っていきましょう.キリトの武器選択のオススメは、ボス戦は両手剣で道中は鞭か二刀流です.
キリトの刀のほうのセットに猛虎の気合含むバフをセットしておいて付け替えタイムに武器チェンジしてバフ増しをすることもできなくもないです.


キリト(両手剣)
冥想闘気を使い、舞姫×2を積んだメテオとカラミティの火力にかけています.
集団戦のときは鞭に持ち替えていて、そのときのビルドはエルドリエのものとほぼ同じです.


ログ
キリトと2人でスーパーアーツ(覚醒)、冥想闘気、神衣を回せるように調整します.
キリトが両手剣でハザードはちょっと辛いのでログのほうにハザード用のSSカスタムをしておくといいです.


ユージオ、アリス
適当なバフを積みます.ログに覚醒を押し込んでいるので覚醒はなくてもいいとは思います.
予備の神衣をいれておけば安定感UPです.


アスナPT

アスナ
・エルドリエ
シノン
・リズ

エルドリエをアタッカーにして他3人でエルドリエをサポートします.ボス向けにビルドを組んでいるアスナを崩すのが面倒だったので自分はシノンとリズのみをバファーにしています.

エルドリエ
【覇】椰子縄の鞭が強いので、冥想闘気なしでも大丈夫かとは思います.命中が足りるまで神身の増強を重ね掛けするか鷹の目を採用しましょう.
コネクト数は上げず、スイングウィップで範囲ハザードからのターンオーパーとマッドネスダンスでキルタイム(ピーク火力への到達速度)を意識したビルドにしています.


シノンはユージオやアリスと同様のバファービルドです.
リズベットは自分はタンクビルドにしています.


ベルクーリPT

ベルクーリ ファナティオ ソルティリーナ メディナ
最初にベルクーリ単騎のラウンドロビン戦がありますが、あそこを突破するのはなかなか大変というかまあまず無理だと思うのでベルクーリルートは最終目標でいいと思います.
それ以降でいうと、特に詰まる部分がなく命中さえなんとかなっていれば超火力が必要になる場面はないので、冥想闘気を使ってファナティオでハザード、ソルティリーナのカラミティディザスターで倒せます.ソルティリーナは【覇】魔剣・緋水の+50以上で神単衣と舞姫、澄まされた一閃、ファナティオは冥想闘気があるので紫電不凍白露の鎧に武器はなんでもいいです.BSは覚醒×4(指示モード使わないなら×6)、冥想闘気×2、神衣の戦士(自傷)、鬼神応変、百花繚乱、徹底抗戦、剣華の烙印、ハヤブサの拳はいれましょう.

リーファPT

リーファ シリカ ロニエ ティー
【覇】幻嵐の短剣+99のシリカ1人でなんとかなります.エルドリエのときとは違ってヘイトが向かないので蹂躙バファーは外して1体1体丁寧に倒していきます.
エタサを2つ装備して片方は紫電不凍、もう片方は羅刹、あとは羅刹のラピッドバイトを装備して紫電のエタサでハザード→ダウンとって羅刹のラピッドエタサで削る(Ex数2で十分)でいけます.冥想闘気を使ってもいいですし、幻嵐の短剣をしっかりと強化していれば器用、鷹の目、意識の焦点と神身の増強で大丈夫です.BSは覚醒×4、神身の増強×4、神衣の戦士(自傷)×2、鬼神応変、百花繚乱、徹底抗戦とエルドリエPTと同じ要領でいけます.

キリトPT以外は【覇】静寂の指輪集めのイングラシシオウが難なく倒せるくらいの強さがあれば大丈夫なはずです.







80層に到達すると、残り日数が10日になりますが900神獣の座標の近く(プロキシ戦直前)まで行くとムービーが入って日数カウントが止まります.


↑右下にまだ日数カウントがある

↑ムービーが入って日数カウントが消える

ここでボス戦に行かずに、戻って79層に降ります.ここで降りて目の前に厄災の守護獣(通称ライオン)がでる層まで降ります(65~79層のどこかにランダムで配置されているはずです).

このライオンからは神単衣付き【覇】剛騎の鎧がドロップするので乱獲しましょう.宝箱を開けずに層を上下して戻ると即リポップします.この厳選がかなり大変で、神単衣が付くかどうかとアドオン枠が付くかどうかに加えてステータス厳選が必要です.命中重視ならDEX50付近、STR/AGIなら100付近を目安に厳選してみてください.

厳選し直すときはまたマトリカリア覇をやって80層まで来ないといけないのでここで厳選しきっておくのが楽ではありますが、どうしてもライオンが硬いと感じる場合は【覇】夜空の剣+99などを揃えてから青薔薇ルートクリアのついでにもう一度来て厳選するのもいいと思います.
このライオン複数体に同時に喧嘩を売るとなかなかのクソモンス具合を発揮するので、スーパーアーツはきらさず、一体一体ハザードにして丁寧に倒していきましょう.蹂躙者は外しておいて範囲系SSは使わず、他のライオンのヘイトをかったらウォールウィンドウ(風の神聖術Lv2)を貼っておくと事故りにくいです.

ここで厳選できたら、一旦拠点へ戻ってSSカスタムの防具を更新しておくと夜空ルート成功の可能性が少し高まるはずです.
あとはもうクリアまで突っ走るだけで、地下ルートを選択し、DPSチェックをクリアすれば晴れて【覇】夜空の剣を入手できます.

ラウンドロビンを倒したあとはログ単騎が始まりますが5分間走り回って逃げればokです.
そのあとはキリトユージオアリスアスナで天使と戦います.
ベルクーリPTでゴーレムと戦う.
キリト単騎で分身戦→スキップ







そのあとは好きな古レイドを999まで上げてヒロイン武器を入手、999を周回してアクセサリーや覇武器の厳選、変異魔獣周回で欠片集め、闘技場周回でコインとチケット集め、マトリカリア覇の青薔薇ルート、ベルクーリルートがエンドコンテンツになってきます.
青薔薇ルートはログ単騎強化、ベルクーリPTの強化、キリトの夜空強化などなど装備をまた整えてから時間を空けて挑むのがいいです、

【MHW:IB】攻略時期別の散弾ヘビィ装備

最序盤 エイム=デステリオ

最序盤

MR上がりたてで上位の装備中心のものです.
武器はツィツィヤックのエイム=デステリオを作ってください.

上位のゼノ防具3部位で弾丸節約、ツィツィヘルムとキリンベストγで装填拡張Lv3が発動します.

マルチをやる場合、ひるみ軽減はほぼ必須級なのでそれもついてくるようにしています.

防具の装飾品枠は手持ちのものを適当に入れておけばokです(画像のものはあくまで理想で、全部なくてもいいです).
ボウガンの強化パーツは反動抑制×3で残りは近接射撃強化と特殊照準にします.スコープが苦手な人は近接×2にしてください.武器カスタム・パーツ強化はまだできないので気にしなくていいです.


序盤 王牙砲

アストラアーティア

序盤

武器はジンオウガ素材で作れるヘビィボウガンの王牙砲です.エイムデステリオから派生しているので上の装備から自然に強化できます.

業物の護石が手に入ると、シリーズスキルで弾丸節約を発動させる必要がなくなるので防具の自由度がかなり高まります.任務クエストの腐食の刃クリア後にマイルームにいるルームサービスのアイルーに話しかけてニャイスルーム○○編のクエストを進めていくと、最後にルームサービスから業物の護石をもらえます.

添付画像はなるべく簡単に入手できる素材で作れる防具を使うことを意識してみました.アーティアはオトモダチ探検隊の派遣、アストラはマカ錬金で大感謝チケットを交換することで作れます.装飾品はあるものをはめれば大丈夫です.

ボウガンの強化パーツは反動抑制1つで残りは近接射撃強化×3と特殊照準にします.


ガンキン

シールド強化

ウラガンキン2部位でシールド強化を発動させ、ガード性能Lv5、シールドパーツ3枚の鉄壁構成です.
火力型の構成と比べるとダメージは大きく落ちますが安定したプレイができるので、苦手なモンスター相手はこちらの装備を組んでから挑んでみるといいと思います.
モンスターによってはシールド強化不要だったり、シールドパーツ1~2枚で十分ということもあります.


中盤 狼牙砲

強運

強運

ジンオウガ亜種の素材で作れるヘビィです.まだジンオウガ亜種が解放できていない場合は武器は王牙砲のままでいいですが、狼牙砲にすることで傷つけが狙撃竜弾でできるようになります.ダメージ差はほぼありません(僅かに王牙砲の方がダメージ自体は上).シールドの場合はパーツの優位性の関係から王牙砲のほうがよいです.ムフェト覚醒武器の迫撃も強いですが、大差という大差はないので、そちらを作っている時間があるならミラボレアスまで攻略してしまってヴォルバスターを作ってしまったほうがいいでしょう.

装飾品が揃うまではこちらの装備で鳴神や滅日を周回するとよいです.装飾品がまともにない場合、強運装備でも強運でない装備でも火力差はないので問題ありません.

真弾丸節約

真弾節

ナルガ3部位により真弾丸節約を発動させています.発動確率+10%により手数が増えてDPS向上が見込めます.リロード回数が減らせるということは被弾もしづらくなり、それがさらにDPS向上に貢献します.添付画像の装飾品が揃っていれば強運ではなくこちらを作ってみてもいいと思います.

挑戦者極意

ブラキウム

ブラキウム一式を使って挑戦者7と他の必須級スキルを両立した装備です.要求される装飾品レベルがやや上がってはいますが、ぶっ飛ばし等で怒り維持することで大きなDPSが期待されます.火耐性が高いことも中盤以降に戦うモンスターのことを考えるとうれしいです.

ミラ対策

ミラ対策

ミラボレアスに散弾ヘビィで初見で挑む際の生存寄りの装備を考えてみました.
ミラに胸撃ちで攻略する場合、最終フェーズのブレスはほぼすべてワンパンになってしまいます.フェーズ1~2でもものによってはガンナーはワンパンです.なのでとにかくブレスに当たってしまわないようにすることが、まずクリアする上で最重要なので回避性能4~5、回避距離2~3は絶対に欲しいです.

そして装填拡張と弾丸節約、これは火力スキルであるとともに、リロード隙を減らす生存スキルでもあるので必須です.
弱点特効Lv3、これがないとまともに会心がでないので必須です.

納刀術Lv3と早食いLv3は被弾したときのリカバリーのためにあると、ヘビィの生存率は大きく上がります.
回復は基本的に秘薬でしましょう.回復薬グレートなんかを飲んでいたら死にます.

火耐性と熱ダメージ無効は根性で耐えたときに火やられや炎上ダメージで死なないためにいれています(マム2部位で根性発動).

ひるみ軽減はマルチの場合は入れてないと論外です.ソロの場合はなくてもいいので超会心あたりにしましょう.

砲撃手はバリスタのダメージを2倍にできてダウンも取れるので装衣に入れています(バリスタを使うときに装衣を着る).


フェーズ1開幕に転身を着て胸に傷つけでぶっ飛ばしはせずに非怒りのまま胸に撃ち込んで、転身がなくなったら早めに脱いでおきます.

フェーズ1終了(HP78%)後に瓦礫に隠れたあとは近くの拘束弾を回収して煙玉を使ってミラが降りてくるのを待ちます.
フェーズ2は不動を着て胸に傷つけてまた胸に撃つだけです.
HP50%未満でフェーズ3に移行するので、頃合いをみて煙玉を使って胸の傷は延長しておきましょう.

フェーズ3は砦が融けた後、左側のバリスタのところにいって煙玉を2つ使って転身を着て、ミラが降りてきたら胸に煙の中からバリスタを撃ちまくります.
これで大ダメージを稼ぎつつダウンが取れるので素早く近づいて胸に散弾を撃ち込みます.
HP40%、25%、5%未満ごとに劫火という必殺技をしてきます.
バリスタダウン起き上がり後は40%未満なので必ず必殺技をしてくるので足下に退避します.
その後、ミラが地上に降りてきたと同時に煙玉を使えば隙が作れるので傷を延長して散弾を撃ち込みます.
しばらく撃っていれば25%未満になって再び劫火をしてきます.
このあたりで転身がなくなると思うので拘束弾2つを利用してHPを削ります.
HP5%未満になればまた劫火をするので地上に降りてきたところに撃ち込めばすぐに倒すことができるはずです.

このチャートであれば被弾が怖いフェーズ3をほぼ拘束した状態でやり過ごせるので胸撃ち散弾ヘビィでも安定して周回できるかと思います.
慣れたらこの生存特化装備と安定チャートでも10分前後で討伐できるようになります.

ミラ対策2

ミラ対策2

防具が邪眼なしで組めるドラゴン2部位のものです.武器は邪眼2つ必要ですが、集まるまでは狼牙砲をそのまま使っておけばいいです.
この装備で邪眼を防具一式に必要な3つ、武器に必要な2つを集めるといいと思います.
抜刀ヘビィや機関ヘビィで頭だけ破壊して帰還する方法や渾身と破壊王を積んで散弾でごり押しで頭を壊すということもできます(どうしても...という場合は一考してみたらいいと思います).


最終装備

ヴォルバスター

ヴォルバスター

アイスボーンで最終的に作る散弾ヘビィはこのような感じになります.
装填拡張は最優先スキルで、挑戦者7、見切り7、弱特3は低会心率のヴォルバスターの弱点を補うために必須で、超心3、散弾強化2で火力をあげています.
あとはフルチャージ、災禍転覆、攻撃、渾身、力の解放、回避距離、回避性能、整備、加護、納刀術、早食い、特殊攻撃耐性を好きなように組み合わせていくといいんじゃないかと思います.

シールド迫撃

迫撃

覚醒武器の迫撃、かつてはこれが散弾ヘビィとして最強でしたが、現在でもシールドパーツをつけるという前提であればヴォルバスターを差し置いて最強になります.ヴォルバスターは反動が重すぎてシールドパーツを1枚以上いれると近接、特殊照準を落とすことになって火力が大きく落ちて迫撃を下回ることになります.

覚醒能力は基本的に添付画像通りの一択です(他にあり得るとすれば超回復をつける程度).攻めの守勢はなぜかよく発動するのでLv1以上付けておくとお得です.
削りダメージのケアに加護と治癒を入れておくのもいいと思います.万が一被弾した際の復帰として受け身術を付けるのもシールドの場合はありです.





以上、過度なキャリーや寄生を考えない場合の(マルチでも使える)散弾ヘビィ装備例でした.

【MHR:SB】伏魔奮闘変換(朱の書)と狂化奮闘修羅(蒼の書)の属性値比較

属性環境のサンブレイクにおいて装備を選択するときに、朱の書で戦う伏魔響命と龍気変換を軸にするか蒼の書で戦う奮闘と業鎧【修羅】を軸にするかで迷うと思います.
かといって装備をどちらも作ってから比較するというのも苦労するので、武器の属性値と武器特性を目安にして装備作成開始段階で適切な選択ができる計算方法を提供します.

第5弾アップデート時点(ver.15.0.0.0)のものです.スキル内容や武器の属性補正の修正、大きな影響を与える属性強化系スキルの追加がなければ、以降アップデートで変わる点としては武器の傀異強化による属性値の上昇によって具体例の計算部分の結論が変わりうるくらいです.

属性値・属性ダメージ計算

各スキル等には属性に影響を与えるものがありますが、属性値というパラメータそのものを上昇させる効果を持つものと、属性ダメージという最終的に与えるダメージを上昇させる効果を持つものに大別されます.
今回は属性値がどちらが高くなるかという計算をしたいので、どちらにしても同じだけの効果をもたらす属性ダメージ補正については考える必要がありません.

ざっくりと書くと

属性値=素の属性値×属性値乗算補正+属性値加算補正
属性ダメージ=属性値×属性ダメージ乗算補正

といった感じになっています.スキルによってどの部分の補正になってくるか変わってくるために単純なスキル効果の数値では比べられません.
※素の属性値は武器の傀異錬成による属性強化を含みます.

属性強化系スキル

属性値加算

  • 属性攻撃強化の加算部分
  • 連撃
  • 災禍転覆
  • 狂竜症【蝕】(感染中)
  • 伏魔響命
  • 龍気変換

属性値乗算

  • 属性攻撃強化の乗算部分
  • 恩恵
  • 奮闘
  • 業鎧【修羅】
  • 武器属性値補正(双剣の鬼人化と太刀の錬気ゲージ色)
  • 属性攻撃力UP旋律(ただし特殊で、加算補正にもかかるので今回は実質属性ダメージ乗算と同じ枠)

属性ダメージ乗算

  • 会心撃【属性】
  • チャージマスター
  • 弱点特効【属性】 (属性肉質20以上)
  • 属痛竜珠 (属性肉質25以上)
  • 冰気錬成
  • 切れ味補正、モーション(溜め段階)の属性補正、ビン補正、速射補正など

闇討ちや蓄積時攻撃強化、特攻竜珠等のダメージ乗算スキルは属性部分にのりません.

弓、双剣とボウガン

まず単純に属性値の比較をする前に、スタミナが大きくDPSに影響する弓は伏魔響命を使ってHP1で伏魔奮闘火事場で戦いつづける以外では、狂化を使って奮闘のスタミナ消費無効を利用するのが良いと思うので、ただでさえ変換倍率が低く設定されているガンナーの龍気変換を使おうとはあまりならないと思います.
双剣も同様に、弓ほどスタミナに依存するわけではないですが鬼人化維持や機動力の観点から殆どの場合狂化奮闘がいいでしょう.

またボウガンの場合は素の属性値が低いこともあって属性加算の伏魔響命が火力面では圧倒的優位なので迷う余地はあまりないです.もちろんワンパン対策として狂化を使うという場合はそれでいいです.

属性値比較計算

素の属性値をE_0とします.属性値乗算補正をK、属性値加算補正をAとします.
属性値E

E = K E_0 + A

ここから、伏魔響命(Dereliction)d、龍気変換(Dragon Conversion)c、奮闘(Strige)s、業鎧【修羅】(Mail of Hellfire)mとおき、これら以外の部分をそれぞれkaとします.

K=k\times s \times m

A=a+d+c


奮闘第2段階の補正はs'とします.
今、比較したいのは伏魔奮闘変換と奮闘修羅の場合なので、蒼の書が上回る条件を立式します.朱の書の値をr下付き、蒼の書の値をb下付きとします.

k_r s E_0 + a_r + d +c < k_b s' m E_0 + a_b

\displaystyle E_0 > \frac{a_r - a_b + d + c}{k_b s'm - k_r s}

となります.ここで、属性乗算系スキルの差は2つの装備で殆どないと思いますので、k=k_r=k_bとします.
属性加算系スキルの差も各々で違いうると思いますが、今回は伏魔の場合は狂竜症【蝕】Lv1・災禍転覆Lv1で狂化の場合はなし鬼火纏Lv3・災禍転覆Lv1だとしましょう.
狂竜症【蝕】克服20秒の場合、平均属性上昇値は約1.6とみなせます.一方、鬼火の場合、怒り率70%の場合、約1.4とみなせます.

もっと厳密な話をすると、狂竜症【蝕】の会心上昇に頼っている場合、会心撃【属性】や物理会心ダメージの会心補正の低下分まで考慮しなければなりませんが必要なパラメータも増え、煩雑な計算となってしまって、今回のコンセプト(武器の属性値から推定)とは外れてしまうので無視します.


したがって、伏魔響命Lv3(キュリア3匹)・奮闘Lv3(1段階)・龍気変換Lv3(近接武器)・狂竜症【蝕】Lv1・災禍転覆Lv1の場合と奮闘Lv3(2段階)・業鎧【修羅】Lv3・鬼火纏Lv3・災禍転覆Lv1の場合、合計属性耐性値rとして

\displaystyle E_0 > \frac{1.6 - 1.4 + 20 + r/4}{k (1.2\times 1.2 -  1.15)} = \frac{0.863 (80.8+r)}{k}

となります.伏魔変換の加算値に対して|a_r-a_b|は十分小さいことが殆どなので装備ごとの微妙なスキルの違いによる誤差は殆どないでしょう.
あと必要なパラメータは属性乗算補正です.まず、双剣の場合は鬼人化によって属性値1.35倍の補正が、太刀の場合は錬気ゲージ色が白黄赤となるにつれ、属性値1.04、1.08、1.12倍の補正がかかります.

各属性攻撃強化はLv5いれるでしょうから1.2、恩恵も火水氷の場合はスキルの軽さからいれるとおもうので1.1としましょう.


耐性値250の場合

恩恵ありの火・水・氷属性

\displaystyle E_0 >  \frac{0.863 (80.8+250)}{1.2\times 1.1}=216.3

閾値となります.

錬気ゲージ赤色(本当はモーションによって黄なども考慮する必要があり)の太刀の場合、

\displaystyle E_0 > \frac{0.863 (80.8+250)}{1.2\times 1.1\times 1.12}=193.1

双剣の場合は鬼人化補正があるので、

\displaystyle E_0 > \frac{0.863 (80.8+250)}{1.2\times 1.1\times 1.35}=160.2

となります.

狂化奮闘修羅型が伏魔奮闘変換型を属性値で上回るためにはこれらの閾値を、傀異強化後の武器の素の属性値が上回っている必要があるということになります.
素で216を超えるような属性武器はおそらくないですし、属性補正のある太刀や双剣ではその閾値が緩和されるとはいえ、その分他の武器種に比べて属性値が抑えめに設定されているので超えることはないでしょう.
自分が知る中でかなり高い属性値を誇る大剣である「瞬間レイトウ本マグロ」は第5弾アプデまでの強化で属性値203なのでかなり迫ってきてはいますね.

恩恵なしの雷・龍属性

\displaystyle E_0 >  \frac{0.863 (80.8+250)}{1.2}=237.9

太刀は、

\displaystyle E_0 > \frac{0.863 (80.8+250)}{1.2\times 1.12}=212.4

双剣は、

\displaystyle E_0 > \frac{0.863 (80.8+250)}{1.2\times 1.35}=176.2

となります.

第5弾アプデ時点で他スキルと両立しつつ風雷合一を積む手段がないので、雷・龍属性はその分、伏魔奮闘変換型を超えるハードルが高くなっています.

耐性値200の場合

以降、上から順に太刀双剣以外の武器種、太刀、双剣の順で閾値を羅列していきます.

恩恵ありの火・水・氷属性

183.6
163.9
136.0

恩恵なしの雷・龍属性

201.9
180.3
149.6

このあたりから大剣が伏魔奮闘変換型に並んできます.それ以外の武器種はいまだ並ぶことはできません.


耐性値150の場合

恩恵ありの火・水・氷属性

150.9
134.7
111.8

恩恵なしの雷・龍属性

166.0
148.2
123.0

ここからハンマー、太刀、双剣でも高い属性値をもつ優秀な武器であれば伏魔奮闘変換型に並んできます.


耐性値100の場合

恩恵ありの火・水・氷属性

118.2
105.5
87.6

恩恵なしの雷・龍属性

130.0
116.1
96.3


適切な属性武器を選択している場合、殆どの武器種で狂化奮闘修羅型が優勢になってきます.
高い物理性能をもつ武器を選択し、おまけとして属性スキルをつけるというのであればやはり伏魔奮闘変換型になります.

任意耐性値(グラフ)

合計耐性値と閾値の対応グラフです.

激昂や龍気変換耐性値上昇、属性耐性飯、属性耐性旋律などをすべて反映させた状態で、装備で盛れた正の属性耐性(各上限50)の合計値を横軸にとって、そこから恩恵の有無や武器種で縦軸の値を読み取ります.その値が狂化奮闘修羅型が属性火力で勝るための武器に要求される素の属性値になります.

各スキルレベルなどのもっと細かいニーズに対応した計算ツールはしばらくお待ちください.グラフにするととんでもないことになってしまうので...

ガンナーの場合

貫通属性弾の場合、素の属性値は22で、ボウガンは特殊な仕様で傀異強化でこの属性値が変動するということがないので、計算するまでもなく伏魔型のほうが圧倒的に火力面で優位です.
一方、貫通しない属性弾(特にライトボウガンの速射で使うことが多い)の場合、属性値は40と貫通属性弾に比べて2倍近くあります.
この場合でも伏魔型のほうがいいのかという計算をしていきます.ガンナーの場合は龍気変換率が剣士の25%に比べて8%とかなり抑えられていて事情が違いますので、少し前の計算式まで戻ります.
またガンナーの場合、取り回し系のスキルなど外すに外せないスキルも多いので耐性値合計は激昂含めて盛れて200とします.なので龍気変換によって上昇する属性値は16です.

\displaystyle E_0 > \frac{1.6 - 1.4 + 20 + 16}{k (1.2\times 1.2 -  1.15)} = \frac{124.8}{k}

属性強化Lv5の1.2と仮に火水氷だとして1.1、これ以上の属性乗算系スキルは見込めないので

\displaystyle E_0 >  \frac{124.8}{1.2\times 1.1} = 94.6

と、貫通属性弾の属性値22はもちろんのこと、非貫通属性弾の属性値40とも大きくかけ離れています.ボウガンはやはり火力面では伏魔変換型がいいでしょう.
そもそも龍気変換による属性値上昇もスキルの重さ、要求される耐性値に対して見合ってはないので無理に積むほどでもないでしょう.

弓であれば前提として猫火事場を使ってスタミナ無限で立ち回りたいので、奮闘2段階目で計算をします.

\displaystyle E_0 > \frac{1.6 - 1.4 + 20 + 16}{1.2\times 1.1 (1.2\times 1.2 -  1.2)} = 114.3

乱吹の瑞華晶弓やD=ティカトルでも90に届いていないので、猫火事場ゆえに物理火力はもちろん、一応属性火力も伏魔奮闘変換型の方が勝るということになります.
弓の属性値が低く設定されているがために、龍気変換倍率が低くても実は伏魔響命や龍気変換と比較して、蒼の書の業鎧【修羅】は弓と相性がいいとはいえないということになります.
とはいえ猫火事場の分を除けばわずかな差なので運用のしやすさから考えてやはり狂化奮闘修羅型に軍配があがります.


伏魔変換型のメリット・デメリット

朱の書で戦う伏魔変換型のメリットは、近接の場合龍気変換倍率が高く、どんな武器でも大きな属性値を得られやすく属性火力で優秀な点と狂化型ほどスリップダメージ対策が必要ない点です.
またスキルLv1によって攻撃力・属性値・会心率・回避性能・体術・災禍転覆トリガー・赤ゲージ回復が可能なコスパの良すぎる狂竜症【蝕】との相性が抜群な点も狂化型では入れにくい点から大きなメリットの一つになります.

一方、デメリットもあり、回復を怠ったり、狂竜症【蝕】の克服が遅れたりすると実HPが低い状態となってしまってワンパンされやすくなってしまいます.
これをカバーするにはおだんご防”護”術がオススメです.かなりワンパンされる回数が減ります.
伏魔響命のスリップダメージ緩和にはおだんご超回復、こんがり魚、ヒーラー猫が使え、これらには体力回復量UPの効果はのり、狂竜症【蝕】感染中でも回復効果はうけます.
鋼殻の恩恵Lv3(+活力剤)は発動しないので注意してください.
また、耐性値が要求されるためにスキル特化で傀異錬成をしにくいうえ、伏魔響命、龍気変換、激昂という積みにくいスキルが必要な点もデメリットのひとつになります.

狂化奮闘修羅型のメリット・デメリット

ワンパンはされず、多段ヒットでも直接乙ることはないというのが最大のメリットでしょう.狂化Lv2と十分な自動回復手段を用意しておけば被弾しても疾替えのみで回復薬を飲む必要さえもなくなります.ごり押しによる手数の上昇は特に属性を扱ううえで実質火力スキルになります.
また容易に奮闘第二段階の効果を受けることができ、スタミナ消費無効とより高い属性・会心率上昇効果を受けられます.
スタミナ消費無効の効果を受けられるということは渾身が実質見切りとして扱えるのもメリットです.ネフィリム/ケイオスの防具が優秀なことから見切りも積みやすいですし、見切り7奮闘Lv3渾身Lv3でほぼ無条件で会心率+90%が狙えます.
さらに耐性値や防御の減少はどうでもよくなるのでスキル特化で躊躇なく錬成できるのもメリットでしょう.

デメリットは、毒や火やられ、気絶、麻痺、拘束などに弱いことや狂竜症【蝕】を採用しづらい点です.
狂化スリップダメージ対策には、まず狂化をLv2にすることと、おだんご超回復、こんがり魚、ヒーラー猫、鋼殻の恩恵Lv3(+活力剤)を使います.これらすべてに体力回復量UP、おだんご医療術の効果がのります.
こんがり魚は効果時間の短さから使えないにしても鋼殻の恩恵Lv3とその効果を増やす活力剤は必須として超回復、医療術、治癒Lv3、血気Lv1などの補助スキルも積めるのであれば欲しいです.
これらの補助スキルが必要になってしまうという点がまずデメリットです.
また属性値加算が小さいので武器に合わせて計算をしないと伏魔変換型に比べて大きく属性火力が落ちてしまいます(それを防ごうというのがこの記事の目的).

以上は普段使いの装備に関する計算でした.一方、火事場を使うようなTAでは少し話が変わってきます.この点について少し触れます.とはいえTA装備は各モンスター、クエスト、プレイヤーごとに大きく変わってくるので計算するということはしません.

計算ツール(メンテナンス明け待ち)

keisan.casio.jp
にて実装しようかと思いましたが、長期メンテナンス中だったのでメンテナンス明け次第実装します.


以下keisanの仮コード(動くかはわからない)

weapon;/*
0 以下以外
1 太刀
2 双剣
3 ガンナー
双剣は鬼人化、太刀は錬気ゲージ赤で内部計算、ガンナー→龍気変換倍率に補正*/

elemental_attack;/*属性攻撃強化Lv*/

dereliction;/*伏魔響命Lv*/
qurio;/*キュリア匹数*/

dragon_conversion;/*龍気変換Lv*/
resistance;/*合計耐性値*/

strige;/*奮闘Lv*/

mail_of_hellfire;/*業鎧【修羅】Lv*/

blessing;/*恩恵Lv*/


a;/*属性加算値の差 ※狂竜症【蝕】Lv1・災禍転覆Lv1と鬼火纏Lv3・災禍転覆Lv1の場合期待値約0.2/*/




/*属性攻撃強化乗算倍率*/
ea = 1.00;
if(elemental_attack =< 2){
ea = 1.00;
}elseif(elemental_attack == 3){
ea = 1.05;
}elseif(elemental_attack == 4){
ea = 1.1;
}elseif(elemental_attack == 5){
ea = 1.2;
}


/*伏魔響命加算値*/
d=0.00;
numeric d_array ={{5,8,12},{7,12,15},{10,15,20}};
if(dereliction = 0 or qurio == 0){
d=0;
}else{
d=d_array [dereliction - 1][qurio - 1];
}


/*龍気変換加算値*/
c=0.00;
if(dragon_conversion =0 or resistance =< 0){
c = 0;
}elseif(dragon_conversion =< 2 and weapon =< 2){
c = resistance*0.15;
}elseif(dragon_conversion == 3 and weapon =< 2){
c = resistance*0.25;
}elseif(dragon_conversion =< 2 and weapon == 3){
c = resistance*0.04;
}elseif(dragon_conversion == 3 and weapon == 3){
c = resistance*0.08;
}


/*奮闘乗算倍率*/
sr=1.00;
sb=1.00;
if(strige == 0){
sr=1.00;
sb=1.00;
}elseif(strige == 1){
sr=1.05;
sb=1.1;
}elseif(strige == 2){
sr=1.1;
sb=1.15;
}elseif(strige == 3){
sr=1.15;
sb=1.2;
}


/*業鎧【修羅】乗算倍率*/
m=1.00;
if(mail_of_hellfire == 0){
m= 1.00;
}elseif(mail_of_hellfire == 1){
m=1.05;
}elseif(mail_of_hellfire == 2){
m=1.1;
}elseif(mail_of_hellfire == 3){
m=1.2;
}


/*恩恵乗算倍率*/
b=1.00;
if(blessing == 0){
b=1.00;
}elseif(blessing == 1){
b=1.05;
}elseif(blessing == 2){
b=1.1;
}elseif(blessing == 3){
b=1.15;
}


/*総乗属性値乗算倍率*/
k = 1.00;
if(weapon == 3 )
k =1.35 * ea * b; /*双剣鬼人化*/
}elseif(weapon == 1)
k = 1.12 * ea * b ; /*太刀錬気ゲージ赤色*/
}else{
k = 1.00 * ea * b;
}

/*属性閾値 これより傀異強化含めた武器の素の属性値が高い場合、狂化型がいい*/
E = (a + d + c)/(k * (sb * m - sr));
print(round(E,1));

【MHW:IB】Safi'Jiiva Speedrun Guide (Wait for Update)

This is the most detailed article on Safi'Jiiva siege after being nerfed.
The main content is the explanation for the speed run of 1 run slay full energy.
Please note that I do not touch about 2 or more run slay, lobby energy, reward levels, etc.

I'm Japanese, so please excuse my poor English. If you couldn't understand, feel free to comment.

続きを読む

【MHW:IB】ムフェト・ジーヴァの仕様・攻略

ソロ・ペア体力が用意され、調整されたあとの緊急任務【ムフェト・ジーヴァ】「赤き龍」のムフェト・ジーヴァに関する記事です.
ムフェトに関するネットに転がっている情報は古い、検証不足、憶測止まり、そもそも出回っていないものが多いと感じ、改めて情報をまとめておきたいなと思い立って書いています.
1撃討伐のタイムアタック向けの仕様や戦略解説がメインとなります.
2撃以上の討伐や集会所エネルギー、達成度等には触れませんのでご注意下さい.

steam版IBでの多くの方々にご教示あるいは検証にご協力いただいてきました.
不確かさもまだまだあると思いますが貴重な情報だと思います.

続きを読む